多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 那波多目功一、引き算の美学

那波多目功一、引き算の美学

2009.03.04

 『Japanist』のための取材で日本画家・那波多目功一氏を訪ねた。

 昨年開催された茨城県天心記念五浦美術館での展覧会を見て、いたく気に入ってしまい、どうしても『Japanist』創刊号でご紹介したいと考えていたのだが、要望が叶ったというわけだ。

 なぜ那波多目功一か。もちろん、現代の日本画壇において大御所であるのだから誰もとやかく言うはずはないが、作品もさることながら、今までの来歴にも共感してしまったということがあげられる。

 英才教育を受けたわけでもなく、絵が好きでもなく、日本画をやりながら西洋画にかぶれ、50歳過ぎまで事業の傍ら制作を続けてきたという超異端ぶり。

 しかし、「自分らしい絵を描いたらどうですか」という師の言葉にインスパイアされ、西洋画の呪縛から解放されると、途端に自分のスタイルを確立した。その変遷はダイナミックである。

 子どもの頃から絵に興味がなかったのに、なぜ絵の道に入ったかと言えば、日本画家だった父が20年以上にわたって院展で落選を続け、画家仲間から愚弄されていたので自分が入選して仇討ちをしたかったからだという。

 そう思って絵を描き始めたのが、高校1年の時。たいていなら無謀な挑戦という笑い話で終わったはず。

 ところが那波多目少年は院展初出品にして入選、翌年は日展にも入選してしまうという離れ業をやってのけた。父の敵を討ちたいという一心で描いたというから面白い。

 それにしても那波多目氏の父はどのような気持ちで息子の快挙を誉めただろう。自分が20年以上もかかってなしとげられなかったのに、息子はろくに絵の勉強もせずにクリアしてしまったのだから。

 ただ、父親の執念も凄まじかった。その後も院展に出品し続け、ついに入選を果たしたのは息子に遅れること11年後である。「大八車に絵を積んで展覧会に出品できる距離に住みたい」というだけの理由で東京都北区に引っ越したというのだから、まことにあっぱれというほかない。

 さて、那波多目功一氏についての記事は『Japanist』創刊号でご紹介する。一見遠回りに見える氏の人生だが、その実、すべてが無駄になっていないと納得できるはず。

(090304 第88回 写真は制作風景)

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ