多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 「一見の価値あり」大英自然史博物館展

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

「一見の価値あり」大英自然史博物館展

2017.05.22

 上野の国立科学博物館で「大英自然史博物館」展が開催されている。絵画のようにじっくり堪能するというより、見て驚くことばかりで、ふだん使っていない脳の一部を刺激されたようだ。

 資料によると、大英博物館は世界の博物学標本を集め、1881年に開館している。まだ19世紀のことだ。
 コレクション点数は、8000万点というから驚き。いったい、それほど膨大な収蔵品をどこに保管しているのだろう。
 今回の企画の目玉は1億4700万年前の始祖鳥の化石だ。教科書で見たことはあるが、もちろん本物は初めて。ダーウィンが進化論を発表し、物議を醸してから2年後のことだ。
 そのダーウィンの『種の起源』の直筆原稿もある。絶滅した鳥モアの全身骨格のドードーの模型、三葉虫の化石、イグアノドンの骨盤の骨格など、「へぇ〜」と唸るような物が所狭しと並んでいる。
 さらに驚いたのは、昭和天皇が皇居で採集した粘菌があったことだ。昭和天皇は豊かな見識、冷静な判断力など、歴代天皇のなかでも群を抜いていたとの評価があるが、博識でもあった。でも、まさか粘菌を採集されていたとは……。しかも、それがロンドンの博物館に保管されているというのが興味深い。
 最後にネアンデルタール人のゲノムが展示されていた。試験管があるだけで、もちろん中身を肉眼で見ることはできない。しかし、解説書を読むと唸ってしまう。これは21世紀ならではのひとコマであろう。
 「う〜む」「えー!」と唸るばかりのひとときであった。
(170522 第723回 写真上は始祖鳥の化石、下は昭和天皇が皇居で採集した粘菌)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ