多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 人生の残り時間

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

人生の残り時間

2017.05.26

 

 今年の2月以降、原因不明の猛烈な痒みに襲われた。夜、ベッドに就くと、3時間くらい掻きむしっているような始末だった。3ヶ月弱過ぎた頃、ひょんなことから原因がわかって、今は9割くらい回復している。
 というようなアクシデントはあるものの、いたって元気である。相変わらず2日に1回、新宿御苑を走り、ときどき地下鉄の階段を3200段、昇り降りする。今日もこの後、大江戸線の国立競技場駅まで行って、それを決行するつもりである(雨のため)。
 とは言いつつ、最近、人生の残り時間を考えることが多くなった。
 どうしたわけか?
 ひとつは、鏡を見て外見的な衰えを認識したとき。ずいぶん髭も白くなったなあ、とか。これは誰にも思い当たるところがあるだろう。考えようによっては、「人生の最終章が近づいているよ。そろそろそういうことを意識した方がいい」というメッセージととれる。
 もうひとつは、短い時間を区切り、その時間を意識するときである。
 例えば、走る前、私は30分くらい、さまざまな準備運動をする。ストレッチの後、5分間、首の筋肉をほぐし、同じく5分間、肩や腕の関節をほぐす。つま先立ちになって両腕を天に向かってまっすぐ伸ばして1分間、両脚を「く」の字に曲げ、背筋を伸ばして2分間など、短い時間を区切ると、「ああ、この時間はもう永遠に取り戻せないのだな」と思ってしまう。腕立て伏せを70回するが、そういうときは残り時間を意識しない。「回数」ではなく「時間」が物を言う。不思議なものだ。
 自分に与えられた残り時間を意識する。これはとても大切なことだと思う。意識してもあっという間に過ぎてしまうが、意識しなかったら、もっと早く過ぎてしまう。
 現在、58歳。あとどれくらい元気で働けるのだろう。そう思うと、一日一日、いっときいっときが愛おしい。
(170526 第724回 写真はヤマボウシの巨木。新宿御苑にて)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ