多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 拙著を読んで海外雄飛した若者の活躍

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

拙著を読んで海外雄飛した若者の活躍

2017.05.14

 いろいろ含めると、これまでに13冊の本を書いた。1冊の本が仕上がるまでには途方もない労力と時間がかかるが、その本を求めている人に読んでもらえなかったら本を出した意味がない。かといって、いったい誰が読んでくれるのか、想定できるものではない。ある意味、執筆は宙に点を打つような仕事でもある。

 だから、読後の感想をもらうのはうれしい。まして、本を読んで生き方が変わったと言われたら、執筆者冥利に尽きるというものだ。
 先日、会社宛にこんなメールが届いた。
「パリで料理人をしている安發伸太郎と申します。
宇都宮で過ごした高校生時代に高久さまのお書きになった『魂の伝承』を読んでフランス料理を志し、18歳で渡仏して13年経った今でもよく読み直しています。
今週一時帰国するため、御社にお伺いしてもよろしいでしょうか」という内容だった。
 今は都内暮らしなので、こちらに来てもらえればということで、自宅で会うことになった。
 安發(あわ)君、右写真のような好青年である。背丈はすらりと伸び、洗練された趣を帯している。
 聞けば、なんとエリゼ宮近くにある高級ホテル「ル ブリストル」の中の三つ星レストラン〈エピキュール〉の副料理長(スーシェフ)として働いているという。27歳で副料理長に抜擢されたというのだ。
 実家は和食店を営んでいるが、『魂の伝承』を読み、自分もフランス料理人になれると信じて渡仏した。3、4年で帰国しようと思ったが、居心地が良くて13年も滞在し、今は16区のパッシーに住んでいるという。
「パッシーにはバルザックの家があるね。何度も行ったことがある」
「その近くです」
 パッシーは高級住宅街である。
「27歳で副料理長になって、年上のスタッフを使いづらくない?」と訊いたら、
「フランスでは人は人、自分は自分ですから、力さえ認めてもらえばやりづらいことはありません」と返ってきた。
 個人主義のいい面だろう。日本なら、嫉妬の対象になっているはずだ。そういえば、次期大統領のマクロン氏も30代だった。
 あと7、8年、経営のことも併せて勉強し、日本に帰って店を出したいという。
 安發君、がんばれ!
(170514 第721回 写真上は安發伸太郎君。下は〈エピキュール〉の店内)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ