多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 日本のトップ外交の場

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

日本のトップ外交の場

2017.05.10

 今年のGWは長かったらしいが、私はいつものように「読む・書く・走る・飲む」。ここぞとばかり、イベント目白押しの人がたくさんいる中、じつに心静かなGWだった。

 ひとつ、思わぬ僥倖に遭遇した。
 GW期間中、通常公開されていない赤坂迎賓館の前庭にカフェが出現すると聞き、さっそく家族で出かけた。キッチンカーが提供できる範囲なので、さほど美味なるものはないだろうが、あの庭で夕涼みができるのは最高だな、と。
 行ってさらに驚き。なんと迎賓館の内覧もできるというのだ。以前から、迎賓館の内部を見たいと思っていた。ダメだと言われると、よけいに見たくなる。男女の心理と同じである。それがようやく叶ったのである。
 内部は撮影できないため、ここで紹介できないのは残念だが、まさにわが国のトップ外交の場にふさわしい、洗練されたつくりだった。
 エリゼ宮と比べると、赤坂迎賓館の方が清楚である。ただし、建築部材や調度品はほとんどがフランス製。ごく一部、イタリア製のものがあったが、やはりフランス製が断然多い。
 もちろん、洋風建築だからということもあるだろう。しかし、それを言えば、西洋の他の国の製品でもいいわけだ。やはり、フランスは外交の国なのである。その肝を知り尽くしている。

 

 日本も、安倍さんに替わってから、ようやく本格的な外交ができるようになった。安倍さん、いったい地球を何周しただろう?
 そういうことにも思いを至らせてほしい。自分たちではできないのだから。
(170510 第720回 写真は赤坂迎賓館前の庭と仮設カフェ)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ