多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 33号目の『Japanist』

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

33号目の『Japanist』

2017.04.24

 『Japanist』第33号を刊行した。

 今号の表紙を飾っているのは、「ジャパニストの美術散歩」でも紹介している日本画家・芝康弘氏の作品。大きな桜の木の下で、草を摘んで夢中になって見入っている二人の子ども。無垢で一途な姿が伝わってくる。本文12ページの記事では、現在の画境に至った経緯を端的に紹介している。
 巻頭対談には、山形県を拠点に活躍する伝承野菜研究家・ハーブ研究所SPUR代表の山澤清氏に登場いただいた。
 編集者の私がこんなことを書いていいのかどうかわからないが、これまでの巻頭対談でもっとも面白い。何度読んでもその都度新しい発見がある。山形弁と極端なロジックに眩惑されがちだが、語られている内容は包括的で、宏大な宇宙とつながっているかのようだ。こういうものをこそ、智慧というのだろう。
 「じぶん創造物語」は拙著『扉を開けろ』の解題的な内容。再び、小西忠禮氏にご登場願った。
 私の連載記事「葉っぱは見えるが、根っこは見えない」では、以前、本欄で紹介した持論「遊学働の三位一体」を詳しく紹介している。
 100ページにも満たない雑誌だから、盛りだくさんというわけにはいかないが、ボクサーのように余分な贅肉のない雑誌だと思っている。
 ところで、巻末のあとがきで、私は「8年は完全数?」と書いている。人がやっていない難しいテーマを成就させるには、最低8年の年月が要るということ。小誌も創刊から8年以上経た。
 しかし、状況はあまり変わらないようだ。無心になっていないからか。
(170424 第716回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ