多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 日本人とインド人

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

日本人とインド人

2017.04.20

 前回に続き、インドネタを。

 日本とインド。同じアジアにありながら遠く離れているためか、あるいは歴史的な経緯からか、紛争のタネはほとんどない。仏教徒が多い日本では、その発祥の地であるインドに敬意をもつ人が多いだろうし、またインド人の親日ぶりは実際に体験しているから、よ〜くわかる。
 とはいえ、日本人とインド人はまったく異なる人種だ。

 日本人は小さなものを愛で、愛着をもち、そこに大きな宇宙を見出す傾向がある。茶室や坪庭はその典型だろう。それに比べてインド人は物事を大局的に俯瞰して見ることができ、上から巨大な手でわしづかみするようなスケールの大きさをもっている。エローラの石窟群はまさにそうやってつくられたものだし、宗教、数学、天文学、易学などの分野で世界的な人材を輩出しているのもそういうことなのだろう。
 ただ、現実の経済に応用する実務能力においては、彼我の差は歴然としている。あれだけ優秀な人材がいて、多くの人口を擁するインドがいまだ発展途上国の地位に甘んじているのは、なぜなのか。思念的過ぎるのか、気候が暑すぎるのか、身分制度や宗教などの要因によるものなのか。よくわからないが、インドに詳しい人がいれば、聞いてみたいものだ。
 いずれにしても、中国の脅威が増すなか、日本とインドはもっと交流を深めるべきである。安全保障のみならず経済面でも大きなメリットがある。
(170420 第715回 写真上はインドでの私。案外ターバンが似合っている? 下はそのへんで相撲をとっているインドの若者。若い男もたくましい)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ