多樂スパイス

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

初着物

2009.01.11

 自分のブログに自分の姿を出すのは私の本意ではないが、前回の文章を読んだ読者から「ぜひ高久さんの着物姿を見せてほしい」というリクエストがあったので、恥をしのんで掲載することにする。

 右の写真がそれ。この着物を購入した「衣裳らくや」で着付けを教えてもらい、ひと通りマスターした後、先生に撮してもらった。ちなみに着物はグレー地に細かい白が混じった紬、羽織は濃茶色で裏地が前回紹介したように鳥獣戯画。帯は茶と濃紺の細かいストライプ。

 スーツを選ぶ際、私は絶対に茶系統は避ける。似合わないと思っているからだ。しかし、石田節子さん(着物スタイリスト。次号の『fooga』でご紹介)にみつくろってもらった何枚かの羽織の内、これは! と思ったのは意外にも写真のそれだった。洋装では好きではなかった色を選ぶ、こういうところも洋装と和装のちがいかもしれない。

 着付けを学んでいて合点がいったのは、さまざまな着崩れを直す時の仕草が男の艶気につながり、粋でもあるということ。たしかにそうだと思った。そういうことをさらりとこなせるようになった時、ちょっとそれまでとは違った自分になっているような気がする。

 着崩れはその人の癖の結果でもある。ということは、その人の歴史を映し出す映写機のひとつとも言うことができよう。それを否定することなく、それをそのままその人の魅力と転化する考え方が素敵だと思う。

 それから、よく言われるように、やはり着物を着ると気持ちがシャキッとしてくる。紐帯という人間の中心が引き締まっているのだから当然かもしれないが、洋装のベルトとはひと味ちがう。

 というわけで、執筆やミーティングなど、あまり動きを要しない仕事の時は積極的に着物を着ようと思う。『Japanist』というたいそうな名前の雑誌を発行するからには、まず自分が『Japanist』にならなければ。そして、この素晴らしい日本の文化を、まずは身近な人たちに知ってもらう。現に私が「衣裳らくや」に顔を出すようになってから、数人がそこで購入してくれた。

 ちなみに私は「衣裳らくや」の営業マンではないが、着物を買うならここはお奨めだ。

「銀座の着物専門店で、しかもオーナーが吉永小百合や樹木希林、市川海老蔵、渡辺満里奈などのスタイリストも手がけている」と聞いたら、軽く一揃い数百万円は越えてしまうだろうと怖じ気づくはずだが、意外にもそんなことはない。「いいものを、良心的な価格」で提供している。石田さんはもっと着物を普及させたいと考えているのだが、その気持ちが店の運営に現れている。こういう方が日本のあちこちにいたら、もっと着物は普及するのに、と思ったのだった。

(090111 第83回)

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ