多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > ニッポン放送の破裂談

ニッポン放送の破裂談

2008.12.15

 中田宏氏がDJを務める「ドリームランナー」というニッポン放送の番組に、『fooga』12月号で紹介した炭焼き師の原伸介さんを紹介したので、収録に立ち会った。ちなみに、その「ドリームランナー」という番組は『fooga』のラジオ版ともいうべきコンセプトで、さまざまな分野で頑張っている30代から40代の人をゲストに招き、一人30分×2週連続放送という形で紹介している。

 中田と原、まさにサムライ同志の対談なので、会った瞬間から2人は意気投合。しかも、中田さんがほとんど喋らずに原伸介だけが猛烈な勢いで喋っていた。先月も立ち会ったが、こんな風ではなかった。今回の伸介のトークはまるでマシンガンのようで、さすがの中田さんも「こんな楽な収録はない」と感嘆しきり。職人と言えば、ほとんどが判で押したように無口・武骨だが、伸介は颯爽とした着物姿であか抜けているので、どう見ても職人には見えない。そのギャップが女の人にモテるコツだとわかっているあたり、かなりの軽業師だと見た。炭焼きは軽業ではないが、伸介は軽業師。いいな、これ……。

 ところで、収録に際して憤慨したことがある。いわゆる放送禁止用語というヤツだ。なんと「きこり」という言葉は使えないという。おまけに「土方」も「百姓」もダメ。

 では、きこりと言わず、何と言うか? 答えは「林業従事者」。これじゃ、間口が広すぎてはっきり伝わらない。第一、ニュアンスも伝わらない。中田さんも伸介も、そして私も憤慨した。「こういうことはいったい誰が決めたの? そもそもそういう職業の人たちに対して失礼じゃないか。そういう職業に対して差別意識をもっているから、それらの呼称に違和感を覚えるんじゃないの!」と憤慨しまくっていた。伸介などは「意地でもきこりと言いたい」と地団駄踏んでいたが結局、言えず終いだった。あれでは体に悪いだろう。

 今のニッポン、言葉から直さないとダメだ。本当の思いやりはないくせに、かたっぱしから差別用語を指定して、それで済んだ気になっている。あからさまに身体的な欠陥を言葉にするのは良くないと思うが、ほとんどの人がごく自然に使っている言葉を使わせないというのは、むしろ差別意識を助長させるだけじゃないか。

 まあ、それはさておき、たまらなく愉しいひとときを過ごしたことだけはまちがいない。翌日、伸介は前の晩のことを思い出し、原じゃなく腹を抱えて笑いながら松本へ帰って行ったのであった。

(081215 第80回 写真はラジオ収録中の中田宏氏と原伸介氏)

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ