多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > オレは未来を抱いて生きている

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

オレは未来を抱いて生きている

2017.02.14

 本ブログも今回でめでたく700回。飽きもせず、続けている。

 さて、記念すべき今回は、あの山澤清氏に登場してもらおう。以前も本欄で紹介したが、山形県鶴岡市で〝農業革命〟を行っている張本人。
 『Japanist』次号の対談記事のゲストは山澤さんだ。仕上がった原稿を読むと、あらためてこの人は現代の思想家であり、哲学者であり、革命家だと思う。自分だけ上空から人間様の営みを見ている。なにもかも、み〜んなお見通しなのだ。
 どうしてこのような眼力を養うことができたのだろう? 不思議でならない。おそらく、自然から教えてもらったのだろう。自然という教師の無言の教えをただ「素直に」学んだだけなのかもしれない。

 ここでは詳しく書くまい。以下、山澤清語録を。

「人間、何かを持てば何かを失うってことに気づいた」
「男はパーだからよ、各論は言うけど総論が言えねえわけ」
「オレみたいにモーガニック(より高度なオーガニックの意)ってなると、土壌を50年後まで悪くしないっていう作物の作り方。50年先からあとのことは知ったこっちゃねえ。あとは誰かがやればいいの」
「男はジレンマをかかえて生きてんのよ。でも、オレはわざとそのジレンマを越えたところで生きんの」
「オレは混沌とした生き方をしてる。白黒はっきり区別するんじゃなくて、混ざり合った中で生きねばなんねえ」
「おかしな野菜ばっか食ってっから生殖能力のない男が増えてんだ。男は女ほど考えてないの。男と女ってまるっきり違う生きものなのよ」
「文明の賞味期限ってのは、土壌の劣化にある」
「そのうちきっと、みんなオカマ野郎ばっかりになるさ。オレもオカマみてえなもんだけどもよ(笑)。未来の時限爆弾仕掛けられてんの」
「一歩退いて俯瞰して見ればいいの。絶対的な正しさっていうのは、オレはありえないと思うもん」
「今はみな棒にふさふさつけて人の手で花粉をつけてんべ。あれ、昆虫の代わりやってんだぜ。ばっかみてえだろ」
「オレから言わせれば、黒字になった会社は自慢でもなんでもないの。未来さ金使ってねえから黒字になってんだもん」
「若いうちは金なんて貯めちゃいけねえ。オレは常に未来を抱いて生きてっから」

 かっこいいなあ、このオドゴ。
(170214 第700回 写真は対談中の山澤清氏と中田宏氏)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ