多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 大工の技術がわかれば宇宙がわかる

大工の技術がわかれば宇宙がわかる

2017.02.19

 『扉を開けろ』の出版記念パーティーに参加するため神戸を訪れたついでに「竹中大工道具館」に行った。新神戸駅から徒歩3分ていどのところにある。

 かなり以前、『fooga』の取材で宮大工の小川三夫棟梁に会ってから、大工の技術に興味をもった。長い間に培われた大工の技術は、日本人の自然観を含めた精神性の集大成であり、技術力の源だと思っている。とかく悪者にされがちな日本のゼネコンだが、その技術力は世界でも群を抜いていると言われている。その源は明らかに大工の技術だ。どうしていにしえの日本人は建築工学をろくに学びもせずに、あれほど精緻な建築物を造ることができたのかと感嘆するばかりである。

 小川さんとの禅問答のようなやりとりを思い出す。
「あれだけの重量を支えるための設計はどのようにしておこすのですか」
「規矩がわかれば、簡単にできる」
「規矩を理解するためにはどうすればいいのですか」
「ひたすら研ぎをすることだ」
 研ぎとは鉋の刃を砥石で削り、磨くことだ。
「雲一点の偽りもないほど研ぎをすれば、おのずと規矩はわかるようになる」
 ?????という感じだった。
 規矩(定規とぶんまわし=コンパス)と研ぎがどうつながっているのか、すぐにはわからなかった。今でもわからない。つまり、あの奇跡のような日本の大工技術は、近代の建築工学ではなく、まったく別の世界観によって形成されているということだ。それを学ぶために、ひたすら現場で仕事をするということ。ただの一点も疎かにせず、できる限りの仕事をする。その積み重ねによって、宇宙の仕組みを我がものとする。
 竹中大工道具館には、そんな大工の技術がぎっしりつまっている。道具の美しさは言うにおよばず、展示の仕方もいい。あちこちに男性の解説員がいて、聞こうと思えばいくらでも質問できる。
 少し残念だったのは、神戸在住の人に竹中大工道具館のことを聞いても、だれも知らなかったことだ。じつにもったいない。
 竹中工務店は素晴らしいものをつくってくれた。ぜひ一度、訪れてほしい。
http://www.dougukan.jp/
(170219 第701回 写真上は鉋と削った屑、下は鼃股)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ