多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 「トトロの樹」を生かした勇気

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

「トトロの樹」を生かした勇気

2016.10.21

%e3%83%88%e3%83%88%e3%83%ad%e3%81%ae%e6%9c%a8 前回と同じテーマ。

 杉並区西荻窪に「トトロの樹」と呼ばれる大木がある。樹齢90年ほどのケヤキの木で、高さ約19メートル。住宅街の一角に聳えている。JR中央線の車内からも見える。堂々とした風格だ。
 この木が伐採の危機に見舞われた。2008年のことだ。この土地の所有者が建設会社に土地を売却し、そこにマンションが建つ計画が持ち上がった(よくある話だ)。それを知った住民たちが署名活動を始め、約9000人の署名を集め、杉並区長に提出した。
 当時の杉並区長は「もちろん」、あの山田宏氏だ。区は、というか、山田さんはそれを受けて約4億円で土地を取得し、ケヤキを残すことにした。今、その一角は「坂の上のけやきの公園」として整備され、住民の憩いの場となっている。
 さて、ここで想像力が必要だ。計画通り、木が伐採されてマンションが建った姿と現在の姿のどちらがいいか。答えは決まっている。そういうバカげたことをさせないためにも住民の高い意識と行動力は必要なのである。
%e5%9d%82%e3%81%ae%e4%b8%8a%e3%81%ae%e3%81%91%e3%82%84%e3%81%8d%e5%85%ac%e5%9c%92 私が宇都宮に住んでいた頃、市のシンボルでもある二荒山神社の前に高層マンションが建つ計画が持ち上がり、反対運動に加わったことがある。当時発行していた『fooga』という雑誌でも毎回取り上げた。しかし、その動きはほとんど支持されず、計画通り、なんの変哲もない、殺風景なマンションが建ってしまった。あの計画を遂行した土建業者や議員らはともかく、地元住民もほとんど反対運動に興味を示さなかったのが今でも不思議である。
 今、その場所はチグハグな風景となっている。歴史的な神社に高層マンションの影が降りているのだ。後世の物笑いになるだろう。
 それに比べ、トトロの樹よ、君はなんと運が良かったことか。
(161021 第673回 写真上はトトロの樹。下はプレート)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ