多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 詩を楽しむ宵 〜シェイクスピアを詠む

詩を楽しむ宵 〜シェイクスピアを詠む

2016.10.13

%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%92%e3%82%9a%e3%82%a2%e6%9c%97%e8%aa%ad 先日、近藤隆雄氏(『Japanist』に連載中)のとっさの思いつきによる「詩を楽しむ宵 シェイクスピアを詠もう」がChinomaで開催された。近藤さんの友人であるクリッシーとスティーヴのティラー夫妻が英国から来日中だったので、それに合わせての「思いつき」だったようだ。

 クリッシーは詩人で、『日本を語ろう』の英訳にも力を貸していただいている。スティーヴはオペラカンパニーのディレクター兼作家でもある。
 知的興奮に溢れた宵だった。ふだん使わない脳の筋肉や感性を刺激することがこんなに心地いいのかとあらためて思った。
 ティラー夫妻が詠むシェイクスピアの耳に心地よいこと! やはり、英語をはじめ西欧の言語は耳に訴えることに主眼がおかれているということがわかった。音節の強弱、リズム、韻など、時にはうっとりするほどの快感を与えてくれるのだ。名演説が西欧に多いというのもうなづける。
 他方、わが日本語は主に書き言葉として伝えることに主眼をおいた言語だと思う。しかも、「主張し、説得する」のではなく、「心に思ったことを表現する」ためのツールとして。とはいえ、それはただの道具ではなく、高密度の感性装置である。

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%a6%e3%82%99 数ヶ月前から読み続けているシェイクスピアだが、いよいよ最後の作品『リア王』まで進んだ。あらためて思うのは、女の悪役が多いということだ。シェイクスピアはよほど女性に虐められたとみえる。その怨念はしつこいくらいである。日本にも悪い女はいるだろうが、シェイクスピアの世界と比べれば可愛いもんである。そういえば、私が好きなバルザックにも悪い女はわんさか登場する。そういうものばかり読んでいると女性に幻滅してしまうだろうから、ほどほどにしないといけないと自戒する。
 とはいえ、世の中を悪くするも良くするも、大半が男の仕業だ。つくづく、思う。男っていう生き物は余計なことをしたがるもんだと。遺伝子に欠陥を抱えた生き物だから仕方ないのかもしれないが……。
(161013 第671回 写真上は会の風景。下は『ロミオとジュリエット』のロミオに扮するスティーヴ)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ