多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > ナメクジの歩みの『Japanist』

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

ナメクジの歩みの『Japanist』

2016.07.23

No.30 表紙&表4 亀の歩みという言葉があるが、めまぐるしく移り変わる現代にあって、『Japanist』の歩みは亀以下、ナメクジのようなものかもしれない。

 

 ようやく30号を重ねた。週刊誌であれば半年強、月刊誌であれば2年半で到達する数字だが、『Japanist』は7年半もかかっている。いやはや……。

 第30号の巻頭対談は、演出家の浅利慶太氏の登場。学生時代、仲間たちと劇団四季を立ち上げ、その後、ブロードウェイの名作を紹介しながらオリジナルのミュージカルを上演するようになるまでの経緯などを詳しく語っていただいた。
 どの世界でも言えることだが、先駆者の情熱と努力は並大抵ではない。
 これまで私は舞台美術にあまり縁がなかったが、この取材を機会にいろいろなものを観てみたいと思っている。
「ジャパニストの美術散歩」は、写真家の若杉憲司氏を紹介している。
 右上の表紙の写真、これを撮った方が若杉さん。自然光の陰影が美しい日本家屋の襖に、別のオリジナル写真を合成し、あたかも実存する家屋のように見せる手法は、デジタル技術が発達した今だからこそなしえたこと。完成された世界は寸分狂いないこの世の秩序と同じ。静と動が躍動する世界を堪能してほしい。
 ちなみに若杉さんは御歳75歳。今でも重い機材を背負って世界を旅する。
「若杉さん、若過ぎますよ〜」
 連載記事の中では、最近本ブログでたびたび登場する近藤隆雄氏の「ほんとうの憲法の話をしよう」が秀逸。というか、目から鱗が落ちるとはこのことか! というくらい勉強になった。
 現憲法はアメリカ政府から押しつけられたものという認識をもった人が多いが、そうではなく、もっと深い意味があったという近藤さんの説はじゅうぶん納得できる。説得力のある論旨と表現力だ。
「転換期のキーパーソン」ではお二人を紹介。
 株式会社日本レーザーの代表者である近藤宣之氏は、社員と一丸になって親会社から株式を取得し、独立を果たすという前例のないことに挑戦し、見事成就。森智宏氏率いる株式会社和心はかんざしをはじめとして、日本の〝名雑貨〟を世界に広めている。
 その他、いろいろあるが、紹介はこのへんまで。本サイトでの販売は7月25日から開始します。
(160723 第652回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ