多樂スパイス

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

無邪気と分別

2016.07.19

三輪車 今年になってから、幼稚園や保育園を訪れる機会が増えた。そこで子供たちの姿を見ていると、無邪気でいいなあと思う。自分が無邪気だった頃のことはすっかり忘れたが、ひとり娘が無邪気だった頃のことは鮮明に覚えている。起きてから眠りにつくまで、すべてが楽しそうで、この世に憂うことなどなにもないかのようなふるまいだった。その当時の曇りなき笑顔と分別がついてからの笑顔は明らかにべつのものだ。

 おそらく、はじめはすべての人間が無邪気だったのだろう。私のようにへそ曲がりの人間でも。
 しかし、知恵がついてくると、人間は〝分別〟という衣をまとうことになる。
 はたしてそれがいいのか悪いのかわからない。いつまでも無邪気だとしたら、いろいろ問題もあるだろう。黒澤明の描いた『白痴』はまさにそんなテーマの映画だった。

 

──無邪気駅と分別駅の間に思春期トンネルがある。
 そんなふうにも思う。
 日本画家安田靫彦と小倉遊亀のやりとりで、興味深いものがある。
 ある日、遊亀は師からこう言われた。
「一枚の葉っぱを手に入れなさい。そうすれば、宇宙全体が手に入ります」
 そのひとことで遊亀は開眼する。葉脈のひとつひとつを丹念に描き、葉っぱの全体像をつかんだ後、描かなくてもいい線を省く。つまり、一度、全体像を手に入れないと、捨てるべきものがわからないということを会得したのだ。絵に限らず、あらゆることにあてはまる真理だろう。
 そして、遊亀はこう言った。
「人も植物も動物もなにもかも同じだとわかったんです。だから、こちら側の態度は同じでいいんだって」
 そういう境地にたどり着いたからか、遊亀の描く静物画は歳とともに子供の絵のようになっていった。なんの作為ももたない、純粋無垢な絵に。
 人は無邪気で生まれ、少しずつ「常識」や「見栄」や「虚栄心」という名の衣をまとうようになる。ほんとうは無駄なもの、いらないものだとわかっているのに、どんどん重ね着していく。
 いったんまとってしまった衣を脱ぐためには、いくつもの方法がある。それを知っている人は魅力的だ。小倉遊亀もその一人だ。

 

 無邪気だった頃、どんなことに夢中だった?
(160719 第651回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ