多樂スパイス

街路樹の涙

2016.06.18

道路工事 事務所のある宇都宮へ行くたび、哀しい思いをする。見慣れた風景が一変してしまったからだ。栃木県総合運動公園と環状線(通称・宮環)の沿道にあった街路樹が数百本も伐採されてしまった。

 県の説明によれば、サッカー場を建設するのにともなって渋滞が予想され、そのために周辺の道路を整備しているのだという。
 世の中の施策は、どんなものにも理由がつけられる。まして、役人はもっともらしい理由をでっちあげる天才だ。それを聞いても納得することはできなかった。その近辺が渋滞したことなどほとんどないし、仮に渋滞になったとしても、一方通行にするなどの工夫をすれば、ある程度は防ぐことができる。
 サッカーの試合が行われるのは1年にどれくらいあるのだろう。そもそも栃木県にあるプロサッカーチームはJ3に低迷している状態であり、「渋滞が予想される」というのは、あまりにも現実味のない「危惧」ではないか。

 

街路樹伐採 素晴らしい桜並木、トチノキ並木だった。猛暑の日でも樹冠の天蓋が太陽光を遮り、心地いい陰を落としていた。
 税金で植え、税金でメンテナンスをしていた木を税金で伐採し、税金で道路を造っている。その結果、風景は殺伐とし、日陰もなくなっている。どう贔屓目に見ても「良いこと」のために税金を使っているとは思えない。
 あらためて思う。こういうことを考えた誰かがいて、それを議会で通すための策略を練り、誰かが実行し、それによって誰かが潤ったのだろうと。彼らにとって、法律的に瑕疵がなければ問題ではない。
 写真上は、1周1キロのジョギングコースに隣接した道路だが、3列もの並木道がすべて切り倒されている。以前の風景と比べたら、明らかに殺伐としてしまった。ジョギングコースに盛った土手には以前、桜並木があったが、いったい何をしたいのかわからない工事である。
 写真下は環状線沿いの風景だが、以前は歩道の両側に並木があり、歩道の左にある駐車場は見渡せなかった。しかし、今はご覧の通り、なんにも遮るものがない。いったい、なにをしたいのかがわからない工事だ。
 もう少し先へ行くと、車道が広げられているが、街路樹を伐採してできたスペースを広げただけで、車線が増えたわけでもなんでもない。いったい、なにをしたいのか、さっぱりわからない。
 ほんとうにひどいもんである。
 東京の友人はこう言った。
「そういうことをする人たちは、全員絞め殺してやりたいですね」
 実際に絞め殺すことはできないが、同感である。
 少なくとも、誰がこういうことを考え、誰が実行しているのかを後世に残す必要はあるだろう。
(160618 第644回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ