多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > こころのふるさと

こころのふるさと

2016.06.13

文学全集 誰にもこころのふるさとはある。

 文字通り、故郷の風景だったり、運動部の部室の臭いだったり、実家の自分の部屋だったり……。
 私は「音楽と本でできている」と言ってはばからない人間だが、もっと正確に言えば、ロックミュージックと世界文学(とりわけ19世紀のフランス文学)こそが「こころのふるさと」だと思っている。あらためて考えると、そういう人間が日本をテーマにした雑誌を発行しているというのも妙な話だが……。
 昨年、しばらくぶりにフロベールの『ボヴァリー夫人』を再読し、ある感懐を得た。
「これこれ、この感覚!」
 まだ10代の頃、海外の古典を読んで、体が痺れた。そういう感覚を確かめたくて、ときどき再読をするようになった。
背徳者 今、読んでいるのはアンドレ・ジッド。『背徳者』や『狭き門』で知られるノーベル賞受賞作家だ。1869年に生まれ、1951年まで生きた人だから、古典の類には入らない。
 かつて、石川淳が『狭き門』を「ここには鑿(のみ)の冴えがある」と評したが、ジッドの作品には腕っこきの大工が丹念に形を整えていくような風貌がある。あるいは、手のひらで感触を探りながら理想の形を掘りだす彫塑の仕事に似ているとも言える。
 私がジッドを読んだのは10代の後半。学校の図書室にあったダイジェスト版だった。その後、20代になって文庫で完全版を読み、30年の歳月が流れた。
 物語の筋はほとんど忘れていたが、〝感触〟だけは覚えていた。シニカルでありながら人間的であろうとし、しかし、欲に負けてしまう主人公。プロテスタントから禁書指定を受けたのは当然かもしれない(今でも禁書扱いなのかな?)。
──貧しさは人間を奴隷にする。食うためには楽しみのない仕事をひきうけてしまう。愉快でない仕事というものは、どんなものでもたまらないものだ。(背徳者)

 ところで、今、読み進めているのは20年以上前に購入した中央公論社の「世界の文学セレクション36」の第23巻で、ジッドの『背徳者』『狭き門』『女の学校』『ロベール』、そしてモーリアックの『テレーズ・デスケールー』『知識の悪魔』が収められている。右上の写真でもわかるように、細かい文字の2段組。1ページあたり1150字で約600ページある。
 今、私は57歳だが、この本を裸眼で読んでいるということを強調したい。
(160614 第643回 写真上は中央公論社版。下は新潮文庫の『背徳者』)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ