多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 美しきかな、日の丸

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

美しきかな、日の丸

2016.05.05

日の丸 連休も終盤に入ったが、相変わらずふだん通りの日々をおくっている。いつもの時間に起き、2日に1回、御苑を走る以外は原稿に精を出し、ときどき読書。疲れたら音楽を聴く……。そんな毎日だ。

 連休の谷間の2日(月)、日帰りで宇都宮の事務所へ行った。行くたびに見慣れた街路樹が姿を消していく。この季節になると緑の葉をつけていたトチノキやイチョウ、さらにはサクラ並木も伐採されてしまった。おそらく、その数は数百本に及ぶだろう。殺伐とした荒野になってしまった。無残な切り株が泣いている。こんなに伐ってどうするのかなと思って、その後の工事を見ると、少し道路の幅を広げるだけ。ただ、工事をしたいだけなのだろう。鬼の所業だと思わざるをえない。住民から反対運動は起きていないようだ。

 ……さておき、祝日にはベランダに日の丸を揚げる。
 青空を背景にはためく姿を見ると、ほんとうに美しい国旗だと感嘆する。
 明治時代、イギリスやフランスがこの意匠を買い取ろうとしたこともあったらしいが、それもむべなるかなである。
 図案は、言うまでもなく「日の本」。太陽の根っこである。
 東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムも私が最も気に入っていた案に決定した。
 シンプルなのがいちばん強い。ただ、残念なことに、近隣で日章旗を掲げているのはわが家だけだ。
(160505 第634回) 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ