多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 無造作に逸品が集まっている場

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

無造作に逸品が集まっている場

2016.05.01

雨竹庵 GWもふだんと変わらない生活をしている。どこへ行っても人がワンサカいるのであえて行楽に出かけたことはないのだが、家人と羽生にある雨竹庵に行ってきた。ひさしぶりに盆栽が欲しくなったからである。

 「美の殿堂」だと思った。主役の盆栽の他、由緒ある水石もあれば、横山大観の掛け軸なんかが無造作に掛かっている。仰々しくないのが素敵だ。
 まず、侘び助が植えられていた坂田甚内氏の鉢に合うものをみつくろってもらった。堀越社長から、「高久さん、これ、案外いいですよ」と薦められたのは、右下写真のイチョウ。
「へえ〜、イチョウってこんなにまっすぐ伸びるものなんですね!」
 すっくと立っている姿に感動した。鉢とのバランスもいい。
 他にイヌビワとミツデイワガサを購入した。イヌビワは小さな実がいくつかついている。ミツデイワガサは小ぶりで白い花がなんともチャーミングだった。

 

 イチョウ森前誠二さんがいらっしゃったので、お茶をいただきながら雑談をした。
 相変わらずのお人だ。壁に掛かっていた扁額が気になったのでそれとなく訊くと、待ってましたとばかり由来を語ってくれた。
 明治初期に生きた山中信天翁の直筆で「自在天」とある。自らは天に在り、という意味だろう。
 不勉強で、私は山中信天翁を知らなかった。森前さんはその生き方と識見に感服しているという。
 森前さんが京都と中国・西安で進めている美術館の話を聞いているうち、あっという間に時間は過ぎた。
 教養、見識ってなんだろう。森前さんは芸術の見方から歴史認識まで、すべて実学に基づいているから、聞いていて腑に落ちる。本人は「中卒なので頭が悪いが」とおっしゃるが、森前さんほどさまざまな文化に通暁している人は珍しい。
 実学の人は、ほんとうに面白い。
(160501 第633回 写真上は雨竹庵の一部。下はイチョウの盆栽) 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ