多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 生還者のごあいさつ

生還者のごあいさつ

2015.12.30

薬を飲むうーにゃん 今年7月12日のブログで、わが家の愛猫・海が歩行困難になったと書いた。

 その後、数人の方から、「海ちゃんは大丈夫ですか」と言われた。
 そうか、そんなにも気にしてくれているのかと内心涙ぐみながら、「今は元気で生きております」と答えている。

 

「うーにゃん。今年は危ないところだったな。まだ16歳なんだから、あと50年くらいは生きてもらわないと困るよ」
 ちなみに、うーにゃんは海の愛称である。
「わたしもいよいよ年貢の納め時だと思ったわ。もうどうにもこうにも脚が動かなくて、立ち往生してしまったんだもの」
「近くにいいクリニックがあって良かったよね」
 神宮外苑に「キャットホスピタル」という、その名もズバリ、猫専門のクリニックがある。そこで診察・治療してもらい、見事に生き返った。
「ずっと箱入り娘だったので、最初はあんなところに連れていかれて驚いたわ」
 本人は箱入り娘と言っているが、実際は田んぼのあぜ道で拾った猫である。
「あの時は、ついたばかりの餅みたいにダラーンとなっていたよな」
「この人、着ぐるみ着ているみたいって言われた時はショックだったわ」
 クリニックの医師は「患者」の猫を「人」呼ばわりする。
「だって、おまえ。皮下脂肪たっぷりだから、そう言われてもしかたないよ」

 以来、毎日薬を飲ませているが、苦い薬は苦手なようだ。無理矢理口に放り込むが、本人は飲んだふりをしている。そのうち、口のなかに隠しておいた薬が溶け出し、口のなかからジュルジュルと出てくる。その時の表情が右上の写真だ。娘が面白がって撮影した。
「おまえさあ、薬が嫌なんだから、生活習慣変えてみたら? もっと運動するとか、間食はやめるとか。そうすれば薬をやめられるよ」
 とにかく寝てばかりいるし、間食もはなはだしい。
「仕方ないじゃない。猫なんだから。ジョギングする猫とか、きっちり食事の時間を守る猫とか、気持ち悪いと思わない?」
「それもそうだな」

 そんな会話を続けております。いやはや、猫というのは可愛いもんです。
 
 今年もつつがなく充実した1年を過ごすことができた。毎年、「今年が最高の年だった」と思っているが、今年もそう実感している。いつまでこういうパターンが続くのだろうか。できれば、最期の年までそのようにありたいものだ。
 明日は大晦日。恒例の明治神宮参拝を家族でする。わが家は初詣をしないかわりに大晦日、参拝し、1年間無事で過ごせたことを感謝している。
(151230 第604回 写真は薬を飲み込めず、苦い表情をする海)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ