多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 新しい年の幕開けに想う

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

新しい年の幕開けに想う

2016.01.03

明治神宮 あけましておめでとうございます。

 

 前回のブログでも書いたが、わが家では初詣をしないかわり、大晦日に参拝する。一年間つつがなく過ごせたことに感謝するためだ。昨年の大晦日も家族そろって明治神宮に参拝した。
 明治神宮へ行くたび、大正時代、全国から集まって来た人たちの勤労奉仕によってあの森が作られたことに感謝の念が湧いてくる。後世の日本人を想い、自分たちが生きている間は結果の出ないことに尊いものを差しだしてくれたのだ。その無私の精神におのずとこうべが垂れる。
 もちろん、明治帝にもそれ以上の気持ちが湧いてくる。なんといっても、近代日本の礎をお作りになられたお方だ。そのおかげでわれわれはこうして平和な世を享受することができている。

 

 年末年始は新宿御苑が閉園しているので、外苑を走っている。国立競技場の外周をなぞって神宮球場のスコアボードの下を抜け、赤坂御所の外周をぐるりとまわって国道246号線に出て青山方面へ走り、外苑の銀杏並木に入るというコースだ。
 毎回思うのだが、この一帯の風景はじつに美しい。都市と自然がほどよく調和している。銀杏並木のすっと立った姿の美しいこと! 幹のてっぺんが一直線に屹立し、整然と並んでいる様子は、毅然とした人が並んでいるのを見ているかのよう。背骨がまっすぐで、じつに美しい。
 彼らは人間の都合で街路樹にされてしまった。であれば、とことん面倒を見て、いっしょに生きていくのがほんとうだろう。一度飼ったペットを最期まで面倒をみるのと同じ理屈だ。
 自分のことしか考えない住民からの苦情が怖くて、街路樹の葉が落ちる前に枝を伐採するという愚行を平気でやっている自治体がたくさんあるが、この一帯はそういうバカなことをしていないのもいい。落葉樹は、葉が落ちてこそ美しいのだ。落ち葉が汚いと言う人がいるが、おまえの心の方がよっぽど汚いぞと言ってやりたい。

 

 参拝以外はいつもと変わらない日を過ごしている。
 書く、走る、食べる、眠るなど基本的なこと以外のほとんどの時間を読書に費やしている。正月早々、激烈な本にインスパイアを受けた。じつに幸福な時である。
 テレビはもちろん見ない。新聞の番組表を見るだけで、辟易する。どうして日本の正月はこうも低俗な番組だらけになってしまったのか。ほんとうにこういう番組を多くの人は欲しているのだろうか。テレビ局の錯覚なのではないかと思うが、毎年同じような内容が繰り返されているのを見ると、やはり大衆が欲しているのだろう。

 今年もいくつもの目標を掲げた。日々、粛々と全力投球したい。
(160103 第605回 写真は明治神宮)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ