多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 愚か者のしわざ

愚か者のしわざ

2015.12.25

ユリの大木 今年も残すところ、あと一週間。『Japanist』第28号の編集も大詰めに入り、大きな区切りへと向け、並行して着々と進んでいる。

 嬉しいニュースがあった。新国立競技場のデザイン設計コンペで隈研吾さんのA案が採用されたことだ。「子供が自転車を乗る時に被る帽子のようなデザイン」(盆栽家・森前誠二氏談)の当初案と比べれば、今回の2案はいずれも素晴らしい。正直、甲乙つけがたいと思っていたが、品格と荘厳さ、木を多用していること、そして小誌の推薦人として名を連ねていただいているご縁もあって、ぜひとも隈さんの案で、と念じていた。
 国立競技場は今の住まいから歩いて7、8分程度。日常の風景の一部にもなることからコンペの去就に注目していたが、ひとまず安堵した。
 隈さんのデザイン案を見ていると、つくづく木の建築はいいと思う。
 建築に限らず、樹木や草花の美しさにますます魅了されている。以前も小欄で、植物を尊敬していると書いたが、その思いは強くなるばかりだ。朝走るときも、〝魂の友人〟と勝手に決めている大きなスズカケの幹にタッチしている。何かに没頭しているときも、体が勝手に反応してタッチしているので、一度たりとも怠ることはない。不思議なもんである。

 

 ところで先日、事務所のある宇都宮へ行って、愕然とした。かつて愛用していた総合運動公園の並木がばっさり伐採されていたのだ。道路の両側、全部で100本以上はあるだろうか。すべて長い年月を感じさせる素晴らしい木だったが、なんともひどいことをするものだと胸が痛くなった。近くの看板には「道路を整備するため」と書かれている。ちゃんと2車線あるし、今まで渋滞になったことなどない道路なのに、なんで整備する必要があるわけ? と憤りが収まらない。
 こういうことを平気でするような人間には、ぜひとも厳しい天罰を下してほしいと願うばかりである。
(151225 第603回 写真は新宿御苑のユリの木 ※直接本分とは関係ありません)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ