多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 生き仏マリリンの意地悪な生態

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

生き仏マリリンの意地悪な生態

2008.05.11

 右の写真を見て、「またネコ自慢かよー」とお嘆きの方々、ご安心あれ。今回はネコ自慢ではなく、ネコ愚痴である。

 以前、このブログにも書いたように、我が家には海という天才ネコがいる。どんな風に天才か?

 まず、呼べば必ず返事をする、朝玄関で正座して見送りする、寝坊すると起こしにくる(耳元でニャッと鳴く)、寒いときはマフラーがわりに首に巻いても怒らない等々、非常に役に立つネコなのである。

 海の自慢をしていると、きりがないので、残念ながらここまでである。

 我が家にはもう一匹ネコがいる。その名はマリリン。写真のネコがそれである。

 マリリンを飼い始めてからの22年間、飼い主とペットの間にあるべき交情は、ついぞ一度もなかった。いったい、君は今までどこにいたのか? と思うくらい、ふだんは姿を現さない。基本的に人間を信用していないのだ。

 それにしても、彼女の生命力にはホトホト驚いている(変な日本語)。まるで死ぬのを忘れたかのようだ。聞くところによると、飼いネコの平均寿命は10歳に満たないらしいが、マリリンはゆうに2倍を越えている。肉はげっそりと削げ落ち、最近は左側の頬が腫れてしまい、半分だけアンパンマン状態。それに圧迫されて、左目が細くなっている。痛みもなさそうなので放っておいているが、夜階段あたりで鉢合わせると、正直、怖い。

ふだんはヌボーッとしているが、私の姿を見るや、いきなり猛ダッシュで逃げていく。人間ならば110歳くらいになっていると思うのだが、その時ばかりは若者になる。ずいぶん嫌われたものである。

「いったい今までにおまえは何をしてくれた? ただ餌を食らって惰眠をむさぼるだけじゃないか。今までの22年間にいくら餌代がかかっていると思っているんだ? 創業当時、お金がない時だって、ちゃんと高い餌を買ってあげただろ?」と女々しく愚痴るしかないのである。

 このネコは老境に入り、ますます嫌味に磨きがかかっている。昼間は死んだように眠っているが、いざ起きて、餌がないとウシガエルのような大きなだみ声で鳴く。餌の鮮度が少しでも落ちると、気に入らなくてまた鳴く。とんでもなく贅沢なネコで、食育上、あまり感心できない。

「いったい、地球上の何十億人が飢えていると思っているんだ、このボケ! もう食糧危機は目の前にきているんだぞ!」と叱るものの、じーっと生き仏のようになって馬耳東風をきめている。

 夜になると徘徊癖が始まる。肉球が薄くなっているためか、歩くと爪の音がうるさい。カチカチと大きな音をたてながら、私が安眠している部屋の周りを走り回る。

 すかさず起きてマリリンに言う。

「おまえなー、いったい何が気にくわないんだよー」

 もう、泣き声になるしかないのである。

(080511 第49回)

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ