多樂スパイス

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

山気日夕

2015.02.22

山気日夕1 前回のブログで、水石の世界を知ってしまい、「ヤバイことになった」と書いた。

 さっそく、奥山秀朗氏と森前誠二さんの拠点「雨竹亭」(埼玉県羽生市)を訪れた。今までにも取材を含め、何度か訪れているが、今回の目的は水石である。
 森前さんは心得たもので、すぐに水石ばかりを集めた収納庫へ案内してくれた。
 棚にびっしり収納された水石の数々。奥山さんと「こりゃあ、たまんないっすねぇ」を連発しながら、目を皿にして見入ってしまった。どうにも笑顔が止まらないのだ。
 いいモノを見ながら、欲しいモノを選ぶという行為は人間の本能に近いのかも。なにしろ、楽しくてしかたがないのだ。
 私が手に入れたのは、抹香石の水石(写真)。四国だけで採れる石らしく、空海にも由来がある。黒光りして、幾筋もの線がある。形は明らかに山並み。
 帰ってすぐ、銘をつけた。『山気日夕』(さんきにっせき)。昼も夕も山は気を発している、あるいは夕日が落ち逆光になってだんだん山並みのシルエットが黒ずんでいくという情景を銘に込めた。
山気日夕2 銅でできた水板に山砂を敷き、その石を置いた。おそろしく絵になる。
 これをリビングのテーブルの端に置き、これ以外のモノは置かないことに決めた。
 するとどうだろう。見慣れた家の中の空間に神域ができたというか、きわめて清浄な空間ができたのだ。それを感じながら生活できることの喜びをなんと表せばいいのだろうか。
 奥山さんも数寄者だ。朝10時に雨竹亭で待ち合わせ、結局、夕方まで森前さんと話に夢中になっていたというのだから。
 風流を理解する人は信用できる。
(150222 第545回 写真はいずれも購入した『山気日夕』。盆栽と書は森前さん所有)

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ