多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 頭抜けた人たち

頭抜けた人たち

2014.04.01

塚本こなみさん対談 この稿の5回前で、『Japanist』次号で紹介する二人について書いた。一人は、世界初の超小型通信衛星を開発し、実用化に成功した中村友哉氏。もう一人は、世界で初めてレーザーディスクによるアナログレコードの再生に成功した千葉三樹氏。

 本稿では、それに続き、次号で紹介するお二人を。

 まず、塚本こなみさん。女性初の樹木医である。

 それまで夫の造園業を手伝っていた塚本さんは、「男性は造園を土木としてとらえているので工事が終わると、次の仕事に意識が向いてしまい、植えた木々を保全するのが疎かになる。だから、自分がそれをやってみたい」と一念発起。樹木医となった。

 巻頭対談において、中田宏氏との対談をしていただいたのだが、そのまま何時間でも何十時間でも聞いていたいと思ったほど本質・本源そのもので、興味深い話の連続だった。

 語り口調は、すでに人間俗世界の域を超えている。まるで宇宙そのものが語りかけてくるようでもあった。

 塚本さんといえば、「あしかがフラワーパーク」の大フジの移植で有名だ。不可能と思われていた一大事業を成功させたのは、地球のなりたちを見通す目とたしかな技術・知識、そして植物への限りない愛があってこそ。いったい、この小さな体のどこにそれほど膨大なエネルギーがあるのだろうと不思議でしかたがなかった。

 塚本さんは言う。

 「私は『心根』という言葉がとても好きなのですが、人は心、樹木は根がいちばん大切なのだと思います。『枝葉の症状、すべて根にあり』と考えれば、表面上に表れた症状は、その根っこに問題があるということです」

 「人の手で植えられた木は、数年間は支柱で支えてあげなければいけないのですが、それも、ずっと支えていてはいけません。よく教育関係者の方やお母様方にお伝えするのですが、支柱が外れたあと、木は風にゆれて不安定になります。でも、それで根がしっかりとできあがりますから、けっして、再び支柱をつけるようなことはしてはいけません。そうでないと一生、支柱がとれなくなってしまいます」

 「樹木医になる前は、お花見シーズンになりますと、みなさんと同じように、桜の花を見て楽しんでいましたけれど、今は楽しむことができなくなりました。『ああ、あそこに病気の木がいる』、『ああ、この根は苦しんでいるだろうな』と、気になって仕方がありません」

 つまるところ、樹木も人間も同じなんだと認識を新たにした。

 塚本こなみさん、ほんとうに素敵な方です。

Mr.Watanabe もうひとりは、株式会社アイエスエフネットの渡邉幸義氏。

 「仕事があるから雇うんじゃない。僕は、雇うために仕事をつくる」という、世間の常識と180度異なる経営方針で成長を続けている。現在、同社は、グループ全体と海外8カ国を含め、計3000人に働く場を提供している。さらに今後、自社に関わる人を100万人に、雇用を10万人にしたいという。

 まさに、「途方もない」ことを考える人だ。しかし、世の中を変える人は、えてしてそういう人。常識の枠にとらわれている人に、世の中を変えることはできない。

 渡邉氏は、人に喜んでもらえることが自分の最大の幸せとわかっているのだろう。だから、脇目もふらず、人のために雇用創出を続けている。しかも、世間のほとんどの会社が忌避している「就労困難者」を積極的に雇用しているのだ。障がい者、ひきこもり、難病、性同一性障害、生活保護受給者など。障がい者に対する雇用義務はある程度の規模以上の企業には法律で義務づけられているが、雇い入れた障がい者を積極的に生かそうとする会社はほとんどない。ルールだからしかたなくやっている。

 しかし、渡邉氏は嬉々としてそういう人たちを雇い入れ、彼らの特性を生かしたビジネスを創出し、しかも(ここが大事なのだが)、利益をあげている。実際、どういう方法でそのような成果を出しているのか、想像さえできないだろう。

 詳しくは本誌の記事を。ちなみに、塚本さんの対談記事は神谷真理子女史が、渡邉幸義氏の記事は瀬戸川礼子女史が担当。

 『Japanist』は次号も女性が大活躍である。

(140401 第497回 写真上は対談中の塚本こなみ氏と中田宏氏。下は渡邉幸義氏)

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく陰陽相和す中庸を求める

■本は永遠の師匠

バルザック、ユゴー、デュマなど19世紀フランス文学からヘミングウェイ等の20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの御三家からワーグナーまでのドイツ音楽、フランク、ラヴェル、フォーレなど近代フランス室内楽、バルトーク以降の現代音楽まで、あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■映画は総合芸術だ

『ゴッド・ファーザー3部作』などのマフィアもの、『ニュー・シネマ・パラダイス』、黒澤明のほぼ全作品、007シリーズ、パトリス・ルコント監督作品など、こちらも雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■歴史上の尚友

尊敬する偉人の双璧は、大久保利通と徳川家康。他に幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介。理想主義者、ロマンチストより結果を出したリアリストを評価する

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■隠れ目標

死ぬまで同じライフスタイル

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■追記

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす。かなりの猫好き(愛猫・海=2019年没)、2019年9月、「じぶん創造大学」を設立し、自ら入学(生徒数1名)

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ