多樂スパイス

高性能の目

2014.03.28

ルーペでアップ かなり高性能の目といっていいだろう。

 私の目である。

 とにかく、物心ついてから今まで、視界がぼやけているということがない。遠くも近くもクッキリスッキリなのだ。「女性の敵」「医者に診てもらった方がいい」など、さんざんな言われようだが、たしかに目の前の女の人はいやだろうなと思う。なぜなら、「いいところはもちろん、悪いところもそれなりに」見えるから。

 若い頃から視力が良く、検査をすればいつも1.5か2.0だった。周りから「視力がいい人は早く老眼になるよ」と脅されていたが、55歳を間近にしてもほとんど衰える気配がない。一時、「少し老眼がきたかな」と思ったこともあったが、それ以降、なんとなく回復したようで、今でも文庫本の奥付のいちばん小さい字も明瞭に読める。上のように、ルーペを使う必要はない。

 どうしてこんなに高性能の目を授かったのだろうと思う。実際に見えれば見えるほど、心の目は曇らないのだろうか。あるいは、常日頃言っている、「見えないところを見る」ということについてはどうなんだろう。

 私はどちらかといえば、目を酷使していると思う。仕事にパソコンは欠かせないし、特にデザイン業務をするときは、ディスプレーの一部をじぃーっと見て、ポチンとクリックすることが多い。細部の調整をするからだ。本もかなり読む。とにかく、身の回りに文字があると読まずにはいられない。

 と、ここで推論である。

 目の衰えは、目そのものの衰えにもよるのだろうが、大半は体全体の機能低下によるものではないか。血行が悪くなったり、内臓の働きが悪くなったり……。その結果の一部が目の衰えに現れるのではないかと。

 そうなることを未然に防ぐには、食事や適度な運動や睡眠など、あらゆる健康法にあてはまる、基本的な生活習慣がきわめて大切なのではないかと思う。

 「現象(視力が悪くなったなど)を見ず、根っこ(原因)を見よ」

夕映えの新しい葉 それから、植物の状態を子細に見る習慣があることも理由のひとつかもしれない。先日も、ケヤキの盆栽に新しい葉っぱが出てきたのをいち早く見つけたのは私。いっしょに生活していても、家族は気がつかない。とにかく、細かいところを丹念に見ようと思っているのだ。

 「だから女性の敵だって言っているんですよ(プンプン)」とお怒りの声がきそうである。

(140328 第496回)

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ