多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 神戸「ル・アン」へ

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

神戸「ル・アン」へ

2007.12.01

 半年ぶりに京都を訪れた。メインの用件は、いよいよ西原金蔵氏の本を作ることになったので、その打ち合わせのためと来年4月号に予定しているワサブローさん(シャンソン歌手)の取材である。

 西原金蔵さんはパティシエとして全国的に名を知られているが、今までに著書を出していない。彼のレシピ集や作品集であれば、少なくとも全国のパティシエが手にしたいと熱望するはずだが、彼らしいと言おうか、今までは出版社のオファーに対して承諾しなかった。西原さんは、本を出すことが自分の仕事の本分とは思っていないからだろう。だからこそ、新規出店の誘いにも首を縦に振らず、テレビ番組の取材にも応諾しないのである。

 そういう西原さんを口説き落とした? のは、他ならぬ私である。

「高久さんが書いてくれるなら、」と快く承知してくれた西原さんご夫妻の期待に応えるには、「いい本」を作る以外にない。たぶん、1年半くらいかかるかもしれないが、じっくり熟成した、後世に残るいい本を作りたいと決意を新たにする高久であった。

 さて、2日目は神戸へ行った。須磨にお住まいの小坂洋子さんと「デート」をするためだ。

 小坂さんの実父はジャズを日本に紹介した草分けであり、『あなた』で大ヒットした小坂明子さんは親類だそうだ。小坂さんご自身は須磨でカフェを経営しながら自宅で菓子作り教室を開き、ニホンテリヤという絶滅に瀕した稀少品種の犬を増やそうという運動もなさっている。元祖モダンガールというと年齢の察しがついてしまうが、神戸の生まれらしく瀟洒な方である。そして、なにより嬉しいのは『fooga』を愛読してくれていること。メールでのやりとりの中で、ぜひ神戸に、というリクエストをいただいていたので、足を伸ばしたわけである。

 昼食にと案内されたのは、須磨離宮に隣接し、迎賓館として内外のVIPをもてなしてきた洋館を改装した「ル・アン」というフランス料理店。キャパは100人以上とかなり広いが、広い邸宅にありがちな散漫な印象はない。隅々にまで配慮が行き届き、高貴な気品を漂わせていた。気が横溢している館とそうでない館は、入ってすぐにわかるものだ。

 供された料理は、まさに入魂の「作品」と思えた。豊後昌幸シェフは神戸北野ホテルで腕を磨いたというが、こういう風に作り手の意気が乗り移ったような料理にはなかなか出会えない。まさに至福の時であった。これから彼がどのようにして自分の料理を磨き、自己到達を重ねていくのか、とても楽しみである。

 食後は高台を降り、須磨寺を散策した。奈良の寺のように時間が止まったかのような静謐さが、雑念だらけの私を荒い清めてくれたような気がした。

(071201 第24回 写真は邸宅レストラン「ル・アン」 )

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ