多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 弘法大師の言葉

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

弘法大師の言葉

2007.12.09

 念願の東寺へ行った。

 京都駅から南東へ向かって10分ほど歩くと、突如五重塔が姿を現した。平安時代(西暦800年頃)に創建された時は、平安京の真ん中を貫く大きな通りの入り口である羅城門の東に位置していたため、そのように名付けられることになった。一方、西側には西寺があったが、消失しているままだ。

 唐へ数十年「留学」しているはずだった空海が何を思ってかわずか2年で帰国し、その後、真言密教の体系を携えて嵯峨天皇に直訴。東寺を真言密教の根本道場とし、他の宗教との雑住を禁じることを条件に下賜されたことは有名な話。当時6つの宗派が国教として認められていたというが、それらをおしのけて自分が創り上げた真言密教だけを天皇に認めさせ、その上、東寺を「我がモノ」にするなど、離れ業中の離れ業と言っていいだろう。

 それはともかく、やはり間近に見る五重塔は大きかった。高さ約55メートルは国内最大(ということは世界最大?)。無駄な虚飾を排し、薄化粧で毅然と建つ五重塔はそれはそれは美しかった。

 おりしも紅葉の季節で、周囲は赤やオレンジや黄色のグラデーションが渾然一体となっている。さながら地上は燃えているかのごとく、であった。

 燃える、と言えば、東寺は過去いくたびも消失しているが、そのつど源頼朝、豊臣秀吉、秀頼、徳川家光らが再建している。古くは足利尊氏や織田信長もここに本陣を構えたことがある。そういった諸々のことを思い描きながら境内にたたずんでいると、やがてアブナイヒト状態に。頭の中はタイムスリップし、しばし恍惚状態となっていたのであった。

 東寺の入り口に、弘法大師(空海)の言葉がある。

 

 人の相知る必ずしも対面して久しく話(かたれ)るに在(あら)ず、意通すれば即ち傾蓋(けいがい)の遇なり。長らく交わっても更に心の通わぬ人もあるし、一目見て忽ち心を許しあえる人もある。

 人生は“出会い”によって綴られている。長き間柄であっても、いつしか忘れていく出会いもある。一瞬にして人生を変える出会いがある。一つ一つの出会いを大事にしたい。

 

 電光石火のごとく登場した空海は、どのような “出会い” を体験したのだろう。宗教の革命児にもあまたの出会いがあったはずだが、そのうちの一人は、教養ある嵯峨天皇であったことはまちがいないようだ。

(071209 第25回 写真は東寺入り口にある弘法大師のおことば)

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ