多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 生き方が顔をつくる

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

生き方が顔をつくる

2007.11.23

 気がついたら、超がつくくらい多忙な人間になってしまった。望むところではなかったが、誰かから指図されてこうなったわけでもないので、結局は自分が望んだことなのだろう。

 広告会社の経営、広告の企画・制作、社員の労務管理、財務管理という本職に加えて、『fooga』の編集と取材・執筆・制作。その合間に、さまざまな書籍の編集や執筆、その他もろもろ…。加えて、今、横浜に設立中の会社のこまごまとしたもの。おまけに今は、『fooga』が独りだちできるよう、創業当時に戻ったかのように営業マンになっている。

 それだけじゃない。相変わらずジョギングしているし、読書は月に10冊のペースを維持し、楽器のレッスンも続けている。その上、毎日8時間〜8時間半という睡眠時間も維持している。これで忙しくないという方がおかしいのだろう。

「忙中閑あり」。

 だからこそ、という言い訳をつけて、長野県東御市にある、玉村豊男氏の「ヴィラデスト ガーデンファーム&ワイナリー」へランチを食べに行って来た。

 玉村豊男といえば、知る人ぞ知る、エッセイスト兼画家兼ワイナリーのオーナー。長野という地にしっかりと根付き、独自のライフスタイルを築いた人として、すでに十数年前から高い評価が定まっている。

 ほとんど一日がかりだった。やらねばならないことを頭の中で反芻すると、その時間が無駄に思えてくるので、そういう時は頭の中の雑念を空っぽにする。車の窓から流れ行く風景を愉しんだり、偉大なる経営者(ほとんど仕事をせずとも会社が好業績をキープしている、あの方です)の一見おちゃらけ哲学やバカ話に大笑いしたり……。まあ、なんというか、のどかな日であります。

 まわりになんにもない丘の中腹にその桃源郷はあった。「桃源郷」と書くのは、実際そこで働いている方々には失礼かもしれない。なにしろ便利さに慣れきった我々は、昼間のいい時間に訪れ、美味しい食事と風景を堪能するだけの人間なのだから。あの地の漆黒の闇も知らない。実際にそこで働く人たちは、もっとリアルな辛さや、それと表裏一体としてある歓びを享受していることだろう。

 それはともかく、玉村さんの顔の素敵だったこと! 顔は自分でつくる、という話は嘘じゃなかったんだ。

 反面、相も変わらず政治家や企業経営者の醜聞があとを絶たないが、テレビに映る彼らの顔の醜さといったら、形容のしようがないほどだ。都合の悪いことは「記憶にない」と言い切って逃れようとする、あの醜悪さは、おぞましいという以外にない。人間の皮をかぶったヘドロの塊だ。だからこそ、あのように無教養で下品な顔をつくることができたのであろう。

 やだやだ。やっぱり、時には「いい顔」に直に接して、人間の崇高さを忘れないようにしなければ。

(071123 第23回 写真は、玉村豊男氏〈左〉、専属パティシエの鈴木祥仁氏〈右〉と )

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ