多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 宇都宮稲荷神社は鎌倉にあった

宇都宮稲荷神社は鎌倉にあった

2007.11.17

 所用で鎌倉へ行き、若宮大路を歩いていた時、「宇都宮稲荷神社」という立て札が目に飛び込んできた。いちおう宇都宮に住む者として、無視できない状況である。立て札に誘われるように、小さな路地を曲がったのだった。

 そこには、宇都宮稲荷神社のいわれが書いてあった。

──宇都宮の名称は、1180年、源頼朝が鎌倉に幕府を開いた時、評定衆に列する重臣のご家人であった宇都宮朝綱がこの地に屋敷を構えたことにちなむ。

 朝綱は祖先・藤原通兼関白の曽孫・宗円が、日光山宇都宮神社の別当職にあったため、当地にその分霊を祀ったことによって稲荷神社を勧請して、宇都宮稲荷神社とした。

 宇都宮の姓は、藤原通兼(藤原道長の兄)の直系で、末孫・宗綱が宇都宮の姓を名乗ったことに始まる。

 宇都宮朝綱の孫・頼綱は、北條時政の女婿でもあるところから時政の娘・政子(頼朝の正室)と弟・義時と時政の確執により鎌倉を追われることとなった。

 ちなみに、宇都宮一族の先祖は藤原鎌足であり、下野国(現在の栃木県)の豪族であり、名だたる宗教家であり、さらには「鎌倉歌壇」とは違う京風の歌壇である「宇都宮歌壇」を有して、多士済々の人物を輩出している。──

 とまあ、こんなことが書かれている。

 宇都宮氏と鎌倉幕府の深い縁は聞いていたし、幕府軍の主要な地位を下野国の豪族が担っていたことも聞いていたが(それが後の足利尊氏などにつながるのだろうか)、具体的にどういう関係なのかまではわからなかった。

 ちなみに、宇都宮頼綱とは藤原定家の息子の嫁の父であり、藤原定家に『百人一首』を編ませた張本人である。『fooga』に歴史のコラムを書いている野口裕紀君によれば、当時、宇都宮頼綱は宇都宮と鎌倉の間を行ったり来たりしていたという。宇都宮頼綱という男は、宇都宮に居を張りながら、京都と鎌倉の接着剤のような役割も果たしていたようだ。

 さて、問題はわれわれ宇都宮市民によって縁の深い宇都宮氏の稲荷神社がなぜ鎌倉にあるのか、だ。宇都宮にもあるのかもしれないが、私の勉強不足で、定かではない。少なくとも、宇都宮市民の多くは、宇都宮頼綱のことをあまり知らないし、「宇都宮歌壇」なるものを作り、宇都宮から京都へ向けて『百人一首』を編ませたことなど露ほども教えられていない。自分たちの街の歴史を子々孫々に伝えるという大切なことを怠けていると言われても返す言葉はないだろう。

 歴史ある二荒山神社前に建設されたテナントビル及び建設予定の高層マンションに対して、私たちは反対を唱えているが、推進派の連中もこのことは聞かされていまい。

(071117 第22回 写真は宇都宮稲荷大明神 )

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく陰陽相和す中庸を求める

■本は永遠の師匠

バルザック、ユゴー、デュマなど19世紀フランス文学からヘミングウェイ等の20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの御三家からワーグナーまでのドイツ音楽、フランク、ラヴェル、フォーレなど近代フランス室内楽、バルトーク以降の現代音楽まで、あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■映画は総合芸術だ

『ゴッド・ファーザー3部作』などのマフィアもの、『ニュー・シネマ・パラダイス』、黒澤明のほぼ全作品、007シリーズ、パトリス・ルコント監督作品など、こちらも雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■歴史上の尚友

尊敬する偉人の双璧は、大久保利通と徳川家康。他に幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介。理想主義者、ロマンチストより結果を出したリアリストを評価する

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■隠れ目標

死ぬまで同じライフスタイル

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■追記

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす。かなりの猫好き(愛猫・海=2019年没)、2019年9月、「じぶん創造大学」を設立し、自ら入学(生徒数1名)

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ