多樂スパイス

さらば156

2007.10.07

 物にこれほど思い入れを抱いていたとは我ながら驚きだった。

 長年愛用してきたアルファ156との別れに際して、心の奥底から沸々とわき上がってきた感覚を表すなら、やはり愛着という言葉以外にない。

 昨年秋に発表されたスパイダーにメロメロになり、購入してしまったことはすでに書いた。156という伴侶がありながら、ついに若い娘に手を出してしまったのだ。

 以来、会社の近くの駐車場でひとり寂しく主を待っている156を見るたび、不憫だった。うっすらと埃を被った“きなこ餅”状態の156は、身の上の不遇を嘆いているようにさえ思えた。なぜなら、イタリア車は壊れやすいという世間の評価に逆行するかのように彼女は主を困らせたりせず颯爽と走ってくれたのだ。それなのに、あんまりじゃないですか、と訴えているようでもあった。

 2000年の幕開けにやってきた彼女は、その後に始まった『fooga』の歴史と重なると言っても過言ではない。多くの運を運んできてくれた「波動の塊」だった。

 写真を見て欲しい。どう? この完璧なプロポーション。デビューから10年を経ても、まったく古くささを感じさせない。それどころか、あまたある多くのクルマたちの羨望の的であり続けている。イタ車独特の、お尻がキュンと上がったスタイルはまさに女性。それも、ラテンの気質をもった美しき諍い女だ。ワルター・デ・シルバ一世一代の大傑作と言っていい。

 アクセルを踏み込んでからのレスポンスは、むしろスパイダーよりも上で、自分の意をくんでいるかのような走りにずっと魅了されてきた。もちろん、楽器用のチューナーで創り上げたあの独特のエンジン音にも。

 それなのに手放すなどとは何事だ! と北原さんに叱られてしまうかもしれない。

 しかし、前述のように、乗ってあげられない日が多くなってしまった。もちろん、理由は私にある。おまけに最近は外出する日が多くなり、ますます哀れさを増していた。

 そんな時、私の文章を異様に好んでくれている大音剛さんという人が、アルファロメオを探しているという情報が耳に入った。

 彼なら、彼女を可愛がってくれるだろう。とっさにそう思った。

 今、彼女は新しいパートナーと巡り会い、嬉々として新しい人生を歩み始めた。

(071007 第15回 写真はアルファ156)

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ