多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 横浜・Fマリノスが呼んでいる

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

横浜・Fマリノスが呼んでいる

2007.10.01

 思えば、子どもの頃からサッカーが好きだった。野球も好きだったが、サッカーも好きだった。今のように野球とサッカーの人気が拮抗している時代ではなく、サッカーがあくまでもマイナーなスポーツだった時代から好きなのである。

 Jリーグが発足する前、日本リーグというアマチュアリーグがあり、読売と日産がライバルであった。子どもの頃から巨人が嫌いだった私は、当然のことながら読売も好きではなく、そのために日産を贔屓にしていた。蛇足ながら、当時、巨人が嫌いな人はほとんどいなかった。まして私は野球少年だったのである。それなのに長嶋にも王にも憧れなかった。当時好きだったのは、中日ドラゴンズの星野仙一やパ・リーグの選手だった。端的に言えば、私は子どもの頃から、多くの人がこぞっていいというものが好きではなかった。天の邪鬼なのだ。

 さて、Jリーグが発足して読売は東京ヴェルディになり(以前はヴェルディ川崎)日産は横浜マリノスになった(その後、フリューゲルスと合併し、横浜F・マリノスと改める)。

 横浜に事務所を構えたのも、もしかするとマリノスが呼んでくれたのかもしれない、と考えることがある。だから、久しぶりにサッカー観戦とあいなった。

 マリノスVS大宮アルディージャ。結果は0─2の完敗。マリノスは中盤を支配していたものの、最後の一手にアイデアも迫力もなく、また中沢率いるディフェンスラインは抜け穴だらけだった。長くイタリアサッカーに親しんできた私の目には、いかにもズボラなチームに思えた。これじゃあ優勝は無理だ。

 観客の少なさも気になった。国内最大のスタジアムを誇るのに、その日はたったの12,000人強。浦和レッズは1試合平均45,000人も集めるが、それって合併前の人口の約1割じゃないか。以前はJリーグのお荷物と言われていたが、熱心なサポーターが今のチームを作ったのだろう。

(071001 第14回 写真はマリノス・サポーター)

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ