多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 真夏の北原さんを熱写する

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

真夏の北原さんを熱写する

2007.08.28

 北原照久さんと言えば、ブリキのおもちゃのコレクターとして、あるいはテレビ東京「開運! なんでも鑑定団」のレギュラー鑑定士として全国に知られているが、そのうち「あー、あのフーガの特集で紹介されていた人ですね」などと巷で語られているかもしれない(そんなわけないだろうな)。

 『fooga』10月号の特集で紹介するため、横須賀市佐島にある北原邸で撮影が行われた。カメラマンはもちろん、“ナベちゃん”こと渡辺幸宏氏である。ちなみにナベちゃんはカメラマンになる前はサッカー選手で、かつては日の丸をつけて日本代表選手の一員としてマラドーナと試合をしたこともあるツワモノ。いわゆるサッカー体型がマブシイ人である。

 さて、北原邸である。マスコミでの露出度も高いので、知る人ぞ知る名邸宅だ。文字通り「海を庭とせしむ家」で、500坪の広大な敷地に母屋とゲストハウスがある。海に接してプールまであるのだ。

「ニッポンにもこんな生活があったのか」と地団駄ふんでしまった私めではあるが、元来人を羨むことをしない性格だけに、すぐさま仕事モードに。その日は猛暑の真っ最中で、これをこのまま10月号として使うのはどうかと疑問に思ったものの、やはり北原さんは暑い夏のイメージそのままでいいという結論に至り、暑い夏を感じさせる写真をガンガン撮ってもらった。

 どうです、右上の写真。すごいでしょ? ナベちゃんは軒の上に乗っかっているんですよ。こんなカッコイイ家、他にありません。最高でしょ。それにほら、僕の体、見てください。もうすぐ還暦に見えますか? サーフィンは56歳から始めたけど、キムタクなんてメじゃないですよ。人間味っていうか、味がちがうでしょ。僕はもう毎日が楽しくてたのしくて仕方がない。今がいちばん! ずっとそうだった。今が一番。毎日まいにち今日はどんな楽しいことがあるかワクワクしちゃう。どうです、すごいでしょ?(あ、だんだん北原さんの口調になってしまった)

 実際、北原さんはすごい。なんでこんなに前向きなのか、その本当の理由を知りたい。多樂などとのたまい、ポジティブ志向を自負する私でさえも北原さんと比べたら一瞬にして霞んでしまう。自分の怠けぶりを思い知らされる。

 それにしても北原さんは不思議な人だ。どんなにコレクションや自分のことを自慢しても、まったく嫌みに聞こえない。北原照久の辞書に謙遜という言葉はない、とある人は言ったが、いちいち謙遜しなくても生き方が謙虚だから嫌みに感じないのだ。いいなあ、北原さん。素敵です。

 皆さん、『fooga』10月号で元気の素をお裾分けします。口を開けて待っててください。

(070828 第6回 写真は北原邸にて )

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ