多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 15号目の『Japanist』

15号目の『Japanist』

2012.10.22

 明日、『Japanist』第15号が仕上がる。
 コンテンツとしては今回がもっとも充実していると思う。「転換期のキーパーソン」では、無農薬・無肥料の自然栽培で作られた野菜などを販売している河名秀郎氏を、巻頭対談では今までに世界中で4000万本以上という驚異的な数の植樹をしてきた宮脇昭氏を、「ジャパニストの美術散歩」では植物画家の野村陽子氏を取り上げた。
 くしくも3者とも植物がらみの方々である。
 どうしてこうなったかといえば、私が植物への興味を募らせているからに他ならない。植物の生きる知恵は、まさに本質中の本質だと言える。そこに着目して活動している人は、私にとってじつに魅力的である。
 それからすでにこのブログで紹介しているように、「日本人のモノづくり」では柳澤管楽器の柳澤信成氏を、「Leaders of JAPAN」ではTSUTAYA、代官山蔦谷書店でおなじみのカルチア・コンビニエンス・クラブを経営する増田宗昭氏を紹介する。
 また、「じぶん創造物語」ではテーブルコーディネーターとして第一線で活躍する山本侑貴子氏を、「学び舎探訪」では被虐待児を対象とした養護施設を運営する「星の家」を取り上げた。
 そして、特筆すべきは、今号から「町工場からのメッセージ」と題して、エアロコンセプトの菅野敬一氏の連載インタビュー記事が始まったこと。第1回目は「モノづくりとブランディング」というテーマで、ブランドの構築に関する奥深いお話しを窺った。
 山田宏氏、田口佳史氏、上甲晃氏など、日本を憂える「もののふ」たちの連載記事も充実している。
 さらに、手前味噌ながら、私の連載記事「偉大な日本人列伝」もぜひとも読んでいただきたい。今回は岸信介について書いたが、彼の功績を調べるほどにわれわれ日本人はその偉大な人物への評価をきちんとなさなければならないという思いを強くした。国のために(ということはわれわれ日本人のために)身を賭して政治家としての姿勢を貫いた岸は、落魄著しい日本の政界にとって恰好のお手本になるのではないかと思う。
 すでに16号にとりかかっているが、号を重ねる毎に、日本に生まれて良かった、なんて自分は幸運なのだと思わずにはいられなくなる。
 最新号はもちろん、バックナンバーも代官山蔦谷書店で購入できます(第7号・10号を除く)。
(第376回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく陰陽相和す中庸を求める

■本は永遠の師匠

バルザック、ユゴー、デュマなど19世紀フランス文学からヘミングウェイ等の20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの御三家からワーグナーまでのドイツ音楽、フランク、ラヴェル、フォーレなど近代フランス室内楽、バルトーク以降の現代音楽まで、あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■映画は総合芸術だ

『ゴッド・ファーザー3部作』などのマフィアもの、『ニュー・シネマ・パラダイス』、黒澤明のほぼ全作品、007シリーズ、パトリス・ルコント監督作品など、こちらも雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■歴史上の尚友

尊敬する偉人の双璧は、大久保利通と徳川家康。他に幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介。理想主義者、ロマンチストより結果を出したリアリストを評価する

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■隠れ目標

死ぬまで同じライフスタイル

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■追記

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす。かなりの猫好き(愛猫・海=2019年没)、2019年9月、「じぶん創造大学」を設立し、自ら入学(生徒数1名)

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ