多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 『恋するマーヤ』と『海流の旅人』

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

『恋するマーヤ』と『海流の旅人』

2012.10.29

 フーガブックス(コンパス・ポイントの出版事業)で2冊のエッセイ集を刊行した。ひとつは藤原万耶著『恋するマーヤ』、もうひとつは林檸檬著『海流の旅人』。いずれも以前弊社で発行していた『fooga』に連載されていた文章をブラッシュしてまとめたものだ。

 藤原万耶さんは知る人ぞ知る、見川鯛山センセイ(故)の愛娘。父親譲りというか、父親勝りというか、とにかく文章はクロートはだしである。小気味よい文章というのはこういう文章をいう。視点もオモシロイ。シニカルなのだが、妙に人肌の温度。紙面から著者のぬくもりが伝わってきそうである。

 少部数の印刷だったので、すでに売り切れ。弊社に力があれば増刷するのだが、当面その予定はないので注文に応えられないのが残念。

 もうひとつの本は『海流の旅人』。林檸檬さんはもちろん、ペンネーム。本名は木曽康子さんとおっしゃる。どちらかといえば連載時は脇役という存在だったが、こうして一冊にまとめてみると俄然印象が変わってくるからビックリ。文章は、どういうシチュエーションで生かされるのか、それぞれにタイプがあるということがわかった。

 以前、作家の内海隆一郎氏に師事していたというくらいだから、文章はかなりこなれている。なにより、実生活を愉しく豊かにおくっておられる方なので、「書きたいこと」」が山ほどありそうだ。編集の際、丹念に通読したが、この生活情景点描にすっかり魅了された。いい人生をおくっているなあ、と。案外、女性版「多樂」かも。

 それから、右上の写真に着目。表紙の挿画はなんと、日本美術院の俊英ともいえる那波多目功一画伯の作品である。でもって、よせがきはかつての師・内海隆一郎氏。

 なんて贅沢なことだろう。それでもイヤミになっていないところがいい。

 こうしてみると、『fooga』連載の原稿は、海底資源のようなものかも。8年続けたということは、こういう結果を生み出すことにもなるということにあらためて気づいたのだった。

 『海流の旅人』のご注文は、https://www.compass-point.jp/book/

(20121029 第377回)

愛読者の皆様へ

いつもご愛読ありがとうございます。

ブログシステムを変更し、2007年8月からのアーカイブを読みやすくしました。現在、古いブログを少しずつアップしていますが、来月中旬くらいにはすべてのアーカイブがアップされる予定です。

それに伴い、このブログ『多樂スパイス』のURLが変わりました。

変更前、https://www.compass-point.jp/diary.shtml

変更後、https://www.compass-point.jp/blog/

コンパス・ポイント&ジャパニストのホームページから入る場合は、従来通り、「ブログ」ボタンをクリックしていただければ新しいページに入ることができます。

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ