多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 機械に使われるニンゲンども

機械に使われるニンゲンども

2012.09.06

 

 体のわりに脳が異常に発達し、さらに二足歩行を覚えたニンゲンは、さまざまなモノを発明してきた。その結果が現代社会である。

 作るわ作るわ、よくもこんなモノまで、と呆れるくらい多くのモノを作ってきた。もちろん、そのほとんどは「経済行為の一環として」である。

 それによって、われわれニンゲンは、豊かな暮らしを享受することができている。まさにニンゲンの脳ミソ万歳! である。

 と言いたいところだが、どうも最近、合点がゆかないことが多い。

 「もしかすると、われわれニンゲンは自分たちで作った機械に使われているのではないか?」そう思うことが多々あるのだ。

 例えば、怒濤のようにニンゲンが流れていく駅構内の階段に立ち止まり、携帯電話に夢中になっているニンゲンがときどきいる。まさしく機械に操られている、愚かなニンゲンの図。

 「コイツはみんなの迷惑も顧みないで、とんでもないヤツだ。どけこのタコ!」と言いたいところだが、もちろんそんなことは言わない。

 電車に乗ると、多くのニンゲンが携帯やスマホに見入り、なかには長時間モバゲーなるものに熱中している光景が目に映る。どう見ても、精神の病に冒されている。

 「どいつもこいつもバカじゃないの。だからおまえら脳ミソが退化するんだ!」と言いたいところだが、もちろんそんなことは言わない。

 いちおう私もフェイスブックに登録しているが、時々、「この人はお知り合いではありませんか?」とか「今月、あなたのお友だちが誕生日です。お祝いしてあげましょう」などというメッセージが届く。

 「いいかげんにしてくれ。機械のおまえに言われる筋合いじゃない、このコケ!」と言いたいところだが、もちろんそんなことは言わない。

 そんなことが日常茶飯事。気がつけば、われわれニンゲンは、機械に煩わされないと不安になってしまうという、奇妙な状態になってしまった。

 もちろん、機械のすべてがダメと言っているわけではない。私だってパソコンがなかったら仕事にならないという環境に身を置いている。愛車にはナビもついている。こうしてブログで自分の書きたいことを書き、ネットで配信している。フェイスブックの情報拡散能力も素晴らしいと思う。文明の利器は、うまく使うことによって、生活が豊かになるということは身にしみてわかっている。第一、山の中の原始的な暮らしなんて自分にはとうていできないということは自分がいちばん知っている。

 しかし、機械に使われてしまうとなったら話は別だ。現代人の多くは、機械に「心」や「魂」を奪われている。

 前回の増田明美さんの回答にもあったが、こうなってしまったのも「独りを楽しむ能力」が著しく衰退してしまった結果だろう。

 私は人といっしょでも独りでも、どちらも愉しい。

 30歳の頃につくった「コンパス・ポイント30ヶ条」のなかに、次のような文がある。

——流行に左右されない。流言にまどわされない自分の生き方をもっている。——

 そういう生き方をしたいと切に願った。

 あれから20数年がたち、かなりそういう生き方ができているという自負と充足感がある。

 そういう風になりたいと願ったから……。

(120906 第366回 写真は、30歳の頃に熱読していたヘミングウェイ全集)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ