多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > こだわらない夏

こだわらない夏

2012.08.28

 世間では「猛暑だ猛暑だ」と大騒ぎしているが、私はあまり気にならなかった。というよりも、「自分は夏が好きだ」と思い込んでいるようだ。しかし、あらためて考えてみると、やはり夏はこたえる。

 思えば、若い頃から夏を苦にしない男だった。

 30代の頃は、炎天下、自宅の近くの陸上競技場の周りを走るのが好きだった。スタンドの周りは800メートル前後あるだろうか。そこを一周90%くらいのスピードで走り、次の一周をゆっくり走る。それを6回も7回も繰り返すというインターバルトレーニングなんかもしていた。途中、なんでこんなに苦しい思いをするのか? と自分に嫌気がさしたことも数知れず。目標の距離を走り、冷凍庫でキンキンに冷やしたビールを飲むのがなによりの快感だった。やはり炎天下、ロードレーサーに乗って、アップダウンの烈しいコースを走るのも好きだった。今、それと同じことをしたら、まちがいなく熱中症で倒れ、救急車の厄介になるだろう。

 また、当時は夏でもスーツにネクタイ、上着を着用していた。半袖シャツは公務員か銀行員のためにあるものだと思い、頑なにそういうスタイルで通した(公務員と銀行員の方々、ゴメンナサイ。あまり他意はないのです)。が、今はラフなスタイルで通している。それどころか、原稿書きなどでカンヅメになるときは半裸状態、まさに裸族のいでたちである。

 「夏は暑くて当たり前」というキャッチコピーを入れた暑中見舞いをわざわざ送りつけたこともある。受け取った人からすれば、「おまえ、ケンカ売ってるのか!」という心境になったにちがいない。今はお利口さんになったので、そんな無謀かつ失礼なことはしない。

 

 そういう、夏の暑さをもろともしない男だったが、今年の夏は今までになくダレた。休日ともなると何もやる気がなく、一日中トドのようにゴロゴロしていたこともあった。眠っても眠ってもいくらでも眠れるという日が何日かあった。毎日、ビールを飲み、ZAZやブルース・スプリングスティーンの『Working on a dream』やボブ・マーリィをダラダラと聴いていた。本を読むスピードもガクンと落ちた。

 以前を「こだわりの夏」と銘打ったとすれば、今は明らかに「こだわらない夏」。では、どちらが性に合っているかといえば、おそらく後者だろう。案外私はグータラに過ごすことも好きなのだ。やるべきことがあるからやっているだけで、そういうタガがはずれたら、かなり怠惰な人間になっていると想像がつく。

 今回のテーマとは少々ずれるが、座右の書のひとつ『ラ・ロシュフコー箴言集』に次のような言葉がある。

──人は決して自分で思うほど幸福でも不幸でもない──

 案外、そうかもなあ。

(120828 第363回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ