多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 旅の記憶は一生もの

旅の記憶は一生もの

2012.04.03

 このブログのアップが1日オーバーしてしまった。

 特に課金しているわけでもないし、正確なインターバルでこのブログを更新する義務はないのだが、ときどき、「毎日チェックしてるんですがねえ……」などと呟かれるたび、「毎日は無理ですよ。まあ、中3日くらいならなんとかなりますので、それで勘弁してください」と弁解しているうち、「多樂スパイス」は中3日という暗黙のルールができてしまった。

 なぜ、中3日か? 特にこれといった理由はないが、大リーグの先発投手が中4日でシーズンを通して投げるわけだから、それよりは短いインターバルで頑張ろうと思った次第。

 

 世界の3大瀑布(イグアス・ナイアガラ・ヴィクトリア)を見たいと思ったのは、日本画家・松本哲男氏の作品に触れてからだ。巨大なキャンヴァスに描かれた滝の絵を間近で見て、実物はどうなんだろうと興味をもった。爆音、水しぶき、あるいは目や耳では感知できないものがあるのではないかと思った。

 イグアスの滝を訪れたのは、今から6年前くらいだ。ブラジルとアルゼンチンの国境沿いにある巨大な滝は、さながら地球の割れ目のようでもあった。水量が少ない時期と説明されたが、あの音と空気中に浮遊する水しぶきは想像以上だった。

 そして、昨年、ジンバブエとザンビアの国境沿いにあるヴィクトリアの滝を見るために、アフリカへの旅行を企て、申し込んだ直後、東日本大震災が発生。それどころではなくなり、今に至っている。

 じつは、まだアフリカへ行ったことはない(ちなみに、中国、韓国、香港、ロシアにも行ったことがない)。そろそろ行くべきだと、内なる自分が囁いた。なにかがあるぞ、と。サファリで大きな夕日を見たいとも思った。ところが、あの地震だ。まだ、行かない方がいいという警告だったのだろうか。

 思えば、国外に行かなくなった。以前は年に4〜5回行っていたが、めっきり行かなくなった。何が原因かといえば、『Japanist』を始めてしまって、まとまった時間がとれなくなったことと以前より海外に興味がわかなくなったことだ。

 海外に興味がわかなくなったのはいいことなのだろうか。今の若者は、海外旅行にもいい車を持つことにも興味がないという。私はものごころつく前に海外の小説に首ったけになり、海の向こうにはどんな世界が広がっているのだろうかと興味津々だった。また、車は自分の行動半径を一気に広げてくれる象徴のようなモノだった。それが自分だけのモノで自分の好きなデザインであったら、どんなにいいだろうと想像を膨らませた。それらがなんらかの動機になったかどうかはわからないが、少なくとも目標にはなった。今では笑える話だが、私が初めて海外に行ったのは2年間のローンを組んでのことだった。手持ちのお金がなくても行きたいと思ったからだ。ちなみに、そのとき訪れたのはニューヨークだが、あのときの衝撃は一生心に残っているだろう。当時のニューヨークは世界最高のアートの発信地だったし、あちこちにあるジャズのライブハウスには大物アーティストがタダみたいなチャージで演奏をしていた。

 結局、遊びすぎて帰国したら疲労困憊になり、点滴を打ってもらうという笑えない結末になってしまった。その後の2年間、旅費を分割で払い続けたのだが、日本にいるだけではわからない、多くのものを体験することができたのだから大満足だった。以来、なるべく時間とお金の工面をして海外に行った。

 見知らぬ世界へ行き、まったくちがう価値観や多様性を目の当たりにする。これは、生きていくうえでとても役に立っている。

 そうは言いつつも、中国、韓国、ロシアには死ぬまで行かないと思う。祖父の遺言でもあるしね……。

(120403 第330回 写真は、ブラジル側から見たイグアスの滝)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく陰陽相和す中庸を求める

■本は永遠の師匠

バルザック、ユゴー、デュマなど19世紀フランス文学からヘミングウェイ等の20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの御三家からワーグナーまでのドイツ音楽、フランク、ラヴェル、フォーレなど近代フランス室内楽、バルトーク以降の現代音楽まで、あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■映画は総合芸術だ

『ゴッド・ファーザー3部作』などのマフィアもの、『ニュー・シネマ・パラダイス』、黒澤明のほぼ全作品、007シリーズ、パトリス・ルコント監督作品など、こちらも雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■歴史上の尚友

尊敬する偉人の双璧は、大久保利通と徳川家康。他に幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介。理想主義者、ロマンチストより結果を出したリアリストを評価する

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■隠れ目標

死ぬまで同じライフスタイル

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■追記

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす。かなりの猫好き(愛猫・海=2019年没)、2019年9月、「じぶん創造大学」を設立し、自ら入学(生徒数1名)

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ