多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 景観に映る、住む人たちの心情

景観に映る、住む人たちの心情

2012.02.22

 また、パリの話になってしまう。

 パリとは不思議な街で、あれだけ多くの観光客が訪れるのに、それを最大限観光収入に結びつけようとはしない。旧市街地にはほとんど高層ホテルがないし、外国人向けのていねいな看板・標識の類も少ない。日本人やアメリカ人的な発想であれば、ジャンスカジャンスカ新しいホテルを作って、とにかくたくさんの客を収容しようとするだろう(あっ、ここで気づいたが、本来、日本人とアメリカ人は正反対といっていい価値観だったのに、いつの間にやら同じカテゴリーに入っている。これは極めて不名誉なことじゃないかな)。

 しかし、フランス人はそうしようとしない。頑なに風景を守る。頑固一徹、まさに一刻者! そういえば、数年前、猛暑で5000人くらい死んだ後も、旧市街にあるマンションの冷房設備は改善されなかった。どうやら、エアコンの室外機が問題らしい。クソ暑い夏に涼しくなるのは結構だが、室外機が通りからモロ見えはまずいということらしい。死んでもいいから美しい景観を守るという発想は、なかなか真似のできるものではない。日本であれば、すぐ責任問題に発展し、役人はさっそく手を打つことになる。なにしろ“街路樹の落ち葉が汚い”とクレームをつけられるのがコワイから、葉が落ちる前に枝を切り落としてしまう国だ。落葉樹であれば秋に葉が落ちるのは当たり前。落ち葉がいやなら、近所の人が落ち葉拾いをすればいい。それをせず役所にクレームをつけ、役人は役人でそういった理不尽なクレームを突っぱねることさえできない。かくして、美しかった日本の風景は、税金を使われてどんどん醜くなっている。

 

 話がずれた。

 そんなわけでパリのホテルは古い建物が多いのだが、外見とは裏腹に、室内は快適なところが多い。パークハイアットのような豪華なホテルもいいが、右上写真のような密集地にあるホテルの窓から見える風景もまた味があっていい。右上の写真はどのホテルか忘れたが(凱旋門の近くだった)、屋根裏みたいな最上階の窓から見ると、タイムスリップしたような感覚に陥った。通りに目をやれば、ヘミングウェイやフィツジェラルド、はたまたピカソやロダンやサルトルやヴォーボワールやドビュッシーがてくてく歩いていそうな雰囲気が漂っている。ありし日に思いを馳せることができる風景は、素敵だと思う。反面、時間の堆積を遮断した風景は、どんなに科学の粋を集めていようが興趣がわかない。バキバキの現代建築であれば、庭には樹齢100年以上の大木があるなどといったバランスを図るのが当然だろう。

 景観を見れば、そこに住む人の心がわかるという。ならば、大きくバランスを崩した現代日本の景観は、何を意味しているのだろうか?(※小学三年生向けの社会科のテストから)

(120222 第320回 写真は、パリのとあるホテルの部屋から見た光景)

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ