多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 命は線ではなく、円環

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

命は線ではなく、円環

2012.02.26

 松尾芭蕉の『奥の細道』は次のような有名な導入部で始まる。

——月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。

(月日というのは、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である。船頭として船の上に生涯を浮かべ、馬子として馬のくつわを引いて老いを迎える者は、毎日旅をして旅を住処としているようなものである。)

 

 噛むほどに味わいの出るスルメのような文章である。どうしてこのような文章が書けるのか、不思議でならない。芭蕉の目と心と足は、いつも宇宙と一体になっていたのではないか。そう思わせる名文だ。

 ゆく川の流れは絶えずして〜という『方丈記』(鴨長明)にも同じような世界観を感じる。

 いにしえの作家たちの眼力は、射程距離が宇宙的スケールだったことがわかる。

 

 人はなぜ生まれ、なぜ、死んでいくのだろう。なぜ、永遠の命ではないのだろう。そう考えることがあるが、その答えのひとつが芭蕉や長明の文章に含まれているような気がする。われわれは、生命の誕生から死までを、始点と終点がある一本の線ととらえがちだが、じつは円環なのではないか。巡り巡っているのではないか。人間のみならず、一木一草も含め……。そう思わずにはいられない。仏教の輪廻転生とは少し違ったニュアンスなのだが、それを私の拙い表現能力で伝えるのは難しい。なんとなく、ぼや〜〜っと感じるだけなのだ。とはいっても、たしかな「ぼや〜〜」であるが。

 そこではたと気づく。『Japanist』の表紙のテーマを「円」にしたのは、偶然のことではない、と。生命は線ではなく、円だったのだ(もちろん、この「円」は、「縁」にも通じる)。

(120226 第321回 写真は、中尊寺にある松尾芭蕉像)

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ