多樂スパイス

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

霊感について

2011.12.03

 さて、右の写真はなんでしょう? 想像力のある人はアートのオブジェ、目が悪い人はお地蔵さん、霊感のある人は何かが憑依したものに見えるかもしれない。

 じつにオモシロイ形である。

 

 霊感といえば、私は2度、霊を見たことがある。最初は1994年。自宅の寝室で。創業以来、業績はずっと順調に推移してきたが、その年だけいきなり売り上げが急減し、多額の借金の返済のこともあってかなり精神的に追い詰められていた。ある夜、息苦しくて目が覚めると、霊が側に立っていて、ずっと私を見つめていた。どういう霊だったかは書かない。具体的に誰かに似ていたわけではないが、その霊に失礼になるので。

 2度目は4年くらい前、六本木のホテルで。したたかに酔っ払い、喉が渇くので夜中目が覚めたら、霊と目が合ってしまった。その霊は、「あっ、見つかっちゃった」という表情をしてすーっと消えた。あとになって聞けば、そのホテルには霊が出るという噂だった。

 アー、コワイコワイ。私は霊感など微塵もないと思っていたのに、2度も見てしまったなんて、あんまりだ。

 

 ところで、右上の写真は、ラクウショウという松の気根である。かなり珍しいらしいが、新宿御苑の名物でもある。大きなラクウショウの木の周りにこのような気根がたくさん首を出している。その名の通り、空気を吸うための根っこである。

 空気を吸いたくてこのような姿の根っこを地上に出しているなんて、やっぱり植物はオチャメだ。愛嬌があるな、ラクウショウは。

(111203 第300回 写真は新宿御苑にあるラクウショウの気根)

 

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ