多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > インド人の底力

インド人の底力

2011.11.28

 神様は人間を平等につくってはいない。優秀な民族もあれば、そうでない民族もある。例えば、ベトナムとカンボジア。地理的にはほぼ同じ。しかし、人間の質は明らかに異なる。もし、このブログの読者にカンボジア人がいるとしたら、あらかじめ謝罪しておきたいけど、やはり両者のちがいは認めざるを得ない。

 では、日本人はどうか? いろいろ欠点もあるが、総合力では世界でもトップクラスの優れた民族と言っていいだろう。なにしろ、世界でもっとも長い歴史をもっていて、一国でひとつの文明を築き上げたのだ。こんな小さな国土で、しかも7割近くが森林だというのに、世界経済の3極のひとつに名を連ねていることだけでも奇跡的だ。慎み深く、礼儀正しい国民性は、先の震災でも世界からの称賛の的となった。

 日本以外では、どの民族? と訊かれれば、躊躇することなく、インド人と答えたい。ドイツ人も優秀だが、インド人の凄さを忘れてはいけない。

 たしかに、現在は貧しい人が多い。スラム街はほんとうに悲惨だ。近代にはいってからの歴史は、同情するにあまりある。

 しかし、彼らの力を侮ってはいけない。なにしろ、打てば響くような明晰さと真理をつかむグリップの強さを備えている。おそらく、それは血脈に受け継がれているのだろう。歴史的に、偉大な宗教家、哲学者、数学者、天文学者、詩人などを数多く輩出したのは偶然ではない。むしろ、真理の追究において、インド人の右に出る民族はいないのではないか。

 

 右上の写真は、インドのマハラーシュートラ州にある世界遺産、アジャンター石窟群。ワゴーラー川沿いの断崖の彫られた巨大な石窟は大小30。ひとつひとつ奥行きが深く、それぞれに仏像や壁画がある。じっくり見ようとすれば、一日は要する。

 この石窟群は、19世紀はじめ、あるイギリス人が虎狩りをしていて、巨大な虎に遭遇してワゴーラー渓谷に逃げ込んだ際、偶然発見したらしい。つまり、それまで長い間、文明史の表舞台に出ることはなかったのだ。人間が造ったにもかかわらず。

 開窟年代は、前期と後期に区分され、前期は紀元前1世紀から紀元後2世紀に築かれているという。

 この石窟群に行くにはちょっとした坂を登る必要があるのだが、地元のインド人が背中に観光客を背負って送り届けるサービスがある。人が座れるようになっている背負い籠に人を乗せて。

 だいたい、この程度の坂を登れないのは、白人の太ったご婦人だ。なぜか白人は40代を過ぎるとブクブクと太り始め、あちこちでスッテンスッテンと転ぶようになる。そのような巨体を担いで山を登るというだけで、インド人のパワーを思い知らされるのである。

(111128 第299回 写真はインドのアジャンター石窟群)

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ