多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 人間とはなんと愚かな生き物か

ADVERTISING

本物の真髄(電子版)

人間とはなんと愚かな生き物か

2022.03.07

 ロシアのウクライナ侵攻が始まって以来、落ち着かない。いまこうしている瞬間も、なんの罪もない人が犠牲になっているかと思うと……。

 戦争を始めたプーチンの言い分を聞いても、さっぱりわけがわからない。ただの「口実」であることは明白だが、問題は、なぜそうまでして他国に侵略するのか。

 ウクライナが自国の勢力圏だというのは妄想でしかない。仮に、そうだとして、それがなんだというのか。ウクライナがロシアにとって軍事的な脅威になるはずもないのだから、非武装中立化を求めるのもどうかしている。

 そう、結局この「どうかしている」なのだろう。

 世の中の指導者には、戦争がしたくてたまらない人がいる。もちろん、すべて男である。『風と共に去りぬ』のなかでも、レット・バトラーが言う。男は戦争がしたくてたまらないのだ、と。

 女性や子供、老人(そして女性型の男)にとってはいい迷惑だ。そんなに戦争が好きなら、勝手にどこかで戦争ゲームでもなんでもやって殺し合ってくれと言いたいところ。

 

 人間以外の生き物、とりわけ植物は、じっとひとつ所に居座って、人間の所業を見ていることだろう。なんて愚かな生き物なんだろうとブツブツつぶやきながら。

(220307 第1118回)

 

髙久の最新の電子書籍

『禅ねこうーにゃんのちょっとした助言』

『焚き火と夕焼け エアロコンセプト 菅野敬一、かく語りき』

『魂の伝承 アラン・シャペルの弟子たち』

『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

『偉大な日本人列伝』

『本物の真髄』

 

本サイトの髙久の連載記事

◆音楽を食べて大きくなった

◆海の向こうのイケてる言葉

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

 

 

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ