多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 極上の眺望を求めたイタリア人

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

極上の眺望を求めたイタリア人

2011.09.29

 日光中禅寺湖畔にイタリア大使館記念公園がある。以前、イタリア大使館として使われていた建物を栃木県が買収し、改修工事を施した後、記念公園として一般公開している。

 設計はアメリカ人のアントニー・レーモンド。外装や内装に杉の皮を効果的に用い、独特の味わいを醸し出している。

 室内に入ると、まず眺望の良さに声をあげずにはいられない。大きなガラス戸の向こうに、中禅寺湖が一望できる。イタリア人は絶好のポイントを知っていたのだろう。そこから見える湖面と山並みのコントラストは、じつに絵になっている。彼らは「美」に対して、異様なまでに貪欲である。

 間取りもニクイ。湖に面して広縁があり、椅子が横並びで湖に向いているのだ。「ここに座ってコーヒーでも飲みながら本を読めたらどんなに素敵だろう!」と思わせる、洒落た配置である(右上写真参照)。少し内側にライティングデスクがあるが、これも経年変化の味わいがあり、湖に面している。ここに長逗留して物書きしたいな、と思わせる。

1929(昭和4)年、湖で外国人たちがヨットレースに興じている様子が映像になっている。それを見て、少し複雑な気持ちになった。

 「その頃、日本人は何をしていたのか」

 1929年といえば大恐慌の年。アメリカもヨーロッパも、そして日本も混沌としていくきっかけになった年だ。その後、昭和恐慌で多くの餓死者が続出。活路を求めて多くの日本人が海外に移住して行った。東北の寒村では一家の一時の飢えをしのぐため、年端のいかない女の子たちが売られていった。その後、ただボロ雑巾のように酷使され、捨てられるためだけに。

 移民としてアメリカへ渡った日本人は、やがて排斥を受けることになる。ドイツから広がった黄禍論が浸透していたところに、ポーツマス条約を不服とした日比谷焼き討ち事件でのキリスト教会襲撃などにより、世界の日本人に対する視線は一気に厳しくなっていく。そして、生きる術を求めて満州へ……。

 世界恐慌はアメリカの保護主義がきっかけとなって起こっている。経済のブロック化がいかに多くの人を餓えさせ、無意味な戦争へと駆り立てる発端となるかということを人類は忘れてはならない。

 話がずいぶん逸れてしまったが、秋のイタリア大使館記念公園、お薦めでござる。

(110929 第284回 写真は旧イタリア大使館別荘)

 

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ