多樂スパイス

なぜ、長州

2011.09.20

 昨年の今頃、山口県防府市の松浦市長に取材する機会があり、防府を訪れた際、毛利氏庭園に足を運んだ。

 毛利氏といえば、戦国大名である。毛利元就の「三本の矢」の話は、子どもの頃読み、なるほどなあと思った。毛利輝元は豊臣配下の五大老のひとりだが、関ヶ原で西軍の大将に担がれて大幅に減封され、辛酸をなめた。とはいっても、大大名である。並みの大名とは格がちがう。

 その毛利氏が作った庭園が防府市にあるのだが、やはりスケールが大きい。

 

 では、今回は毛利氏をテーマにするのかと思いきや、そうではない(少しは関係あるかも)。長州(山口県)出身の総理大臣がなぜ多いのか?

 初代・伊藤博文にはじまり、山縣有朋、桂太郎、田中義一、岸信介、安部晋三、菅直人で7人。近い将来の山田宏氏を入れれば8人である。ちなみに、長州力は総理大臣になっていない。

 それでは、なぜ、長州はそれほど多くの総理大臣を生み出したのだろう。

 長州ときけば、「尊皇攘夷」とくるが、幕末までの長州は必ずしも尊王攘夷派が多かったわけではない。むしろ、藩の中枢は幕府に帰順する傾向が強かった。

 その流れが一気に変わったのは、吉田松陰の出現に負うところ大である。なにしろ、松陰が門下生たちに「大義に生きること」と「私心を捨てること」を教えた。自らも行動に写し、大いに煽った。その結果、高杉も山縣も鉄砲玉のようになった。一方で、冷静沈着な人物も長州には多い。次号の『Japanist』の歴史偉人列伝は児玉源太郎を取り上げるが、この人も長州出身である。

 

 ところで、現在、県庁所在地でもっとも人口の少ない都市は山口市らしい。地理的なハンディも災いしてか、戦後の山口県は幕末〜明治期のようなきらめきはない。実際、山口県を訪れても、総理を数多く輩出している特別の雰囲気をつかむことはできない。

 しかし、人材は明らかに輩出しているのだから、なんらかの見えない力が働いているのだろう。そういえば、ユニクロの柳井さんも宇部だった。文学者も多い。髙樹のぶ子や伊集院静も防府だった。伊集院静のエッセイを読んでいたら、生家の近くに山頭火の生家があると書いてあった。

 長州……、得体の知れない土地である。

(110920 第282回 写真は毛利氏庭園)

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ