海の向こうのイケてる言葉
HOME > Chinoma > 海の向こうのイケてる言葉 > There is always light behind the clouds.

ADVERTISING

ココロバエ
禅ねこうーにゃんのちょっとした助言

There is always light behind the clouds.

ルイーザ・メイ・オルコット

『若草物語』で知られる、アメリカの小説家の言葉。

「雲の向こうは、いつだって青空よ」

 飛行機に乗っているとき、眼下は分厚い雲で覆われているのに、その上には燦々と太陽の光が注いでいることがしばしばある。もちろん、そういう体験がなくても、雲の上に光が溢れていることは自明の理だ。

 大事なことは、雲に意識を奪われる結果、直面する困難がいつまでも続いてしまうという〝妄想〟に取り憑かれることではないか。だからこそ、いつだって「雲の向こうは青空」と自分に言い聞かせることが必要なのだ。

むしろ、雲の形を見て楽しむくらいの心の余裕がほしいものだ。

(第54回 210530)

 

●知的好奇心の高い人のためのサイト「Chinoma」10コンテンツ配信中

 

本サイトの髙久の連載記事

◆音楽を食べて大きくなった

◆多樂スパイス

◆うーにゃん先生の心のマッサージ

◆死ぬまでに読むべき300冊の本

 

最新の書籍(電子書籍)

『偉大な日本人列伝』

『葉っぱは見えるが、根っこは見えない』

ADVERTISING

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ