日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、
一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。
“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

伝統を学ぶことは、後ろ向きではなく前を向くこと
山本三千子
 古より伝えられる日本の伝統文化や行事、とりわけ家庭内での行事を伝える教室「室礼三千」を主宰する山本三千子さんの言葉を紹介。伝統行事にみる日本の心は、想像以上に奥深い。  正月の初詣。 節分の豆まき。 桃の節句に子どもの日など、日本には古くから伝わる伝統と、それに伴う行事がある。 日本だけではない。
 
シンプルこそ究極の味
クリストファー・ウィールドン
 イギリス出身の振付家、クリストファー・ウィールドンの言葉である。読売新聞の中面、エンタメ欄に大きく紹介されていた。ぺらぺらとめくっていたら、この見出しが目に飛び込んできたのだ。彼の思想哲学が、この言葉に集約されている。  シンプル・イズ・ベスト。 複雑になればなるほど、この言葉を唱えたくなる。 頭
 
葉っぱは見えるが根っこは見えない
髙久多美男
 広告の企画・制作と出版業を営む株式会社コンパス・ポイントの代表、髙久多美男の言葉。同社は本サイトの運営会社でもある。モットーの「多樂」そのままに人生を楽しんでいる彼は、「遊びも学びも仕事もみな同じ」と言い切る。類は友を呼ぶがごとく、彼の周りには同類の人種が集ってくる。ちなみに、本サイトの「多樂スパ
 
売れないものをお造りなさい。必ず売れます
岡倉天心
『茶の本(The Book Of Tea)』で知られる、岡倉天心の言葉だ。これまで彼の言葉をいくつか紹介してきたが、これほど天心を表している言葉はないのではないかと思う。美術界の異端児だった天心が、在野にいながらにして近代日本美術の立役者になったのもうなずける。物事の本質を見抜く洞察力は半端ではない
 
われわれは大胆でなければならない。しかし、大胆さのための大胆であってはならない
ピーター・ドラッガー
「マネジメント」の父、ピーター・ドラッガーの言葉を紹介。経営者のみならず、多くの人を魅了する彼の思想哲学は、人間の本質、人生の要諦がぎっしりとつまっていて、いつの時代も色褪せない。  この言葉には続きがある。「われわれは大胆でなければならない。しかし、大胆さのための大胆であってはならない。 分析にお
 
松という字は仲良いあいだ 君(公)と僕(木)との差し向かい
都々逸
 江戸時代に流行った都々逸(どどいつ)のひとつ。三味線の伴奏に合わせて7・7・7・5調で歌われた都々逸は、いわゆる男女の恋愛をうたった情歌である。それだけに人間の心理をついた詩が多い。捉え方しだいで、いくらでもなんとでも解釈できるのがいい。玄侑宗久氏の著書『禅語遊心』で知った。  めでたきものの象徴
 
Recommend Contents
このページのトップへ