日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 愛は理くつでなく存在である

ADVERTISING

美し人
美し人

愛は理くつでなく存在である

高群逸枝

 女性史研究家であり詩人、評論家の高群逸枝の言葉を紹介しよう。一生のほとんどを女性史の研究に費やした高群女史。残された著書も膨大で、彼女の死後、夫の橋本憲三の手によって全集にまとめられた。ふたりが飼っていた鶏のことを綴った「愛鶏日記」にこの言葉はある。
 
 いつもそばにいた存在をなくしたとき、
 人は、はじめてその存在の大きさを知る。
 
 可愛がっていた人や動物。
 大切にしていたモノ。
 
 手をかければかけるほど、情は深まり、
 情が深まれば深まるほど、離れがたくなってゆく。
 
 そこにいるだけでいい。
 何ができなくても、ただいてくれるだけでいい。
 その存在が、ただただ愛おしい。
  
 何かができるとか、
 何かを持っているとか、
 何かを与えてくれるとか、
 
 何かがあるから愛おしいのではない。
 何がなくても、存在すること、命そのものが愛おしいのだ。
 
 しかし、世の中の多くは、見返りを求めるフェイクな愛に溢れてはいないか。
 評価し、されることが当たり前になり、
 何かができなければ、何かをもっていなければ、何かを与えなければ、愛される価値もなく、認められることもないのだと。
 
 現代社会の閉塞感は、それが原因ではないかと思う。
 結果、命が粗末に扱われるのは、あまりに悲しすぎる。
 
 人知れず咲く花を見て、勇気が出ることがある。
 無邪気な子供の姿に、元気になることがある。
 その存在が、だれかの生きる力になっていたり、夢や希望になっていることは十分にある。
 
「愛は理くつでなく存在である」
 
 存在そのものが愛のかたまり。
 あなたもわたしも、木も草も、犬も猫も、鳥も虫も、人の手によって生まれたモノも。
 どれもこれも、だれかの愛おしい存在なのだ。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(191217 第601回)

ADVERTISING

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ