日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 「自然」と歩みを共にする人は急ぎません

「自然」と歩みを共にする人は急ぎません

内村鑑三

 既存のキリスト教派によらない「無教会主義」を唱えた宗教家、内村鑑三の言葉だ。『武士道』『茶の本』と並び、三大日本人論の一冊に数えられる『代表的日本人』からの抜粋。二宮尊徳の章に、この一文がある。
 
 この言葉には続きがある。
 
「『自然』と歩みを共にする人は急ぎません。一時しのぎのために、計画をたて仕事をするようなこともありません。いわば「自然」の流れのなかに自分を置き、その流れを助けたり強めたりするのです。それにより、みずからも助けられ、前方に進められるのです」
 
 スピードの時代。
 物事は急速に変化している。
 
 ゆく川の流れはあまりに早く、水源さえも枯渇させる勢いだ。
 自然界のバランスが崩れかけているのか、大地は震え、空が泣き、風は荒れ狂うことをいとわない。
 人も動物も、生き物たちはみな行き場を失い、とぼとぼと彷徨っている。
 
 なぜ、こんなことになったのか。
 自然の一部であるはずの人間が、自然から離れてしまったからではないか。
 自然に逆らい、傲慢になってしまったからではないか。
 
 自然の法は、あわてない。
 
 一輪の花が咲くまでの時間、
 一粒の麦が育つまでの時間、
 一人の人間が真の人間になるまでの時間、
 空にまたたく星々も、太陽も月も、
 どれほど気の遠くなる時をめぐってきたことか。
 
 自然の法は、調和する。
 
 強いものと弱いもの、
 かたいものとやわらかいもの、
 老若男女、
 美醜、善悪、
 花と虫との関係も、果実と鳥との関係も、
 もちつもたれつ生かし合う。
 
「自然はその法に従うものに豊かに報いる」とは、尊徳の信念。
 
 自然の法は、嘘はつかない。
 

 事を成すには時間がかかる。
「自分のため」が「他のため」に変わった時、大きな力が動き出す。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(191212 第467回)

SPONSORED LINK

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ