日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 自然は受け身で受容力のある人にのみ、その真理を伝授してくれる

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

自然は受け身で受容力のある人にのみ、その真理を伝授してくれる

『植物の神秘生活』より

 植物の運動を研究したダーウィン、植物の魂を見たフェヒナー、植物が人間の想念に反応することを発見したバクスター、植物形態の根本にある原植物を提唱したゲーテ、サボテンとおしゃべりした橋本夫妻、植物のオーラを撮影したキルリアン……。植物の神秘に魅せられた人々は、この大宇宙が示す法則をなんらかの形で手に入れた。著書『植物の神秘生活』には、その法則の一端が示されている。この言葉もそのひとつだ。

 

 よく知っていること。

 ちょっと知っていること。

 まったく知らないこと。

 

 さて、この3つのうち、どれが一番驚きは大きいだろう。

 

 おそらく、3つ目の「まったく知らないこと」ではないだろうか。

 

 人は知っていることよりも、知らないことに心が動く。

 興味をもって、あるいは、反発をもって。

 

 子供たちの無邪気さは、「知らないこと」への好奇心。

 新しいことをどんどん吸収し、物覚えも早い。

 

 だが、知識を得て知恵がついてくると、しだいに無邪気さは失われてゆく。

 なんでも知っていると勘違いして、「知らないこと」が恥ずかしくなったり怖くなって、見栄を張ったり傲慢になってしまったり。

 

 ところがどうだ。

 学べば学ぶほど知らないことは増えていくし、知れば知るほど己の無知が身に沁みてわかる。

 自然が真理を啓いてくれるのは、まさにそのとき。

 自分はまったく知らないことを、素直に認めたときだろう。

 

「知らない」ということは、人を受け身にさせる。

 知らないからこそ、心を開き、柔軟に受け止めることができるのだ。

 

 目に見えるものがすべてではなく、耳に聞こえるものがすべてではない。

 見えないところ、聞こえないところほど、自然は大切なものを隠している。

 

 一番身近な自然といえば、自分じゃないか。

 人間は自然の一部なのだから。

 

 自分はまったくなにも知らない、ちっぽけな人間なのだと気づいたとき、本来の自分(真理)が姿を見せる。

 何をすべきか、何がしたいか、どう生きたいか、どう死んでゆくのがベストかと。

 

 まずは自分に素直になって、目に見えない心と体の声に耳をすませてみよう。

 きっと知りたかったことを教えてくれる。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(191220 第602回)

ADVERTISING

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ